ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Yap / ヤップ

山口日記がハマったヤップという島と海

Another Side of Yap

Photo
越智 隆治
Text
越智 隆治、山口 日記
Model
山口 日記
Design
Risa
Special Thanks
Yap Rize Diving Center
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200808_yap_nikki_cover

山口日記がハマったヤップという島と海

いつの頃からか、ヤップライズダイビングセンターの壁という壁に、奇妙な絵が描かれるようになっていた。強烈な個性を放って、そこに存在する絵は、訪れる度に、増殖し続けている。その増殖の張本人である、山口日記がはまったヤップのワチュラブ村という場所と、それを取り巻く海に、普通のダイビングディスティネーションとは違う、興味を覚える。「超感覚的潜水趣味」。見るもの全てが楽しい。何も出なくても楽しい。そんな気分にさせてくれるのは、ワチュラブ村のせい?今回は、通常のダイビング雑誌などでは、特集されることのない、異質な内容だ。「Another side of Yap」。
ここで創作活動を続ける山口日記が感じるヤップの魅力を彼女の思うがままに表現してもらった。

山口日記がハマったヤップという島と海

山口日記インプレッション

おかしいなぁ~山口日記がハマったヤップという島と海 何度行っても、違う場所に感じる 同じ場所なのに、同じ空気なのに、違う所に来たような新鮮さがある 太陽も、ココナッツの木も、マンタも、当たり前だけどみんな生きていて成長しているのを感じる フシギだなぁ~

小さい小さい村の周りを大きな宇宙が囲んでいるみたい なんだか、宇宙人がいるような気がしてならない

テレパシーが使えるような気がしてならない ヤップの小さい島にもしかしたら、沢山の宇宙人が住んでいるのかもしれないだから、私はいつもネル前、歯を磨きながら満天の星空に向かってテレパシーを送ってみたりしている

だから、私はい つもダイビング中、マンタと会話しながら綺麗な海の底に 向かってテレパシーを送ってみたりしている。
馬鹿みたいだけど、本当にそれが通じてしまうような
不思議な場所なんだよなぁ

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

山口 日記

タレント。「夢のとびら」や「世界不思議発見」など、世界を飛び回るリポーター的仕事を好む。独特で不思議な世界観を持つ彼女が創作する絵画は、見る人を惹きつけるか、嫌悪感を感じさせるかどちらか。ヤップライズダイビングセンターの2階に自らのアトリエを持つ。ヤップでのダイビング本数は約300本。一応ダイブマスター。

ページトップへ