ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

パラオ・イーストサイト・ストーリー PALAU EAST SIDE STORY

ブルーマーリン ポイントリサーチ徹底取材 Vol.01,東部エリア

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
Blue Marine
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
palau_eastside_200909_cover

ブルーマーリン ポイントリサーチ徹底取材 
Vol.01,東部エリア

パラオのダイビングシーンを変えるかもしれない動きが、一つのダイビングサービスから始まっている。パラオにある既存のダイビングポイントに加え、ここ数年で、20近くのポイントの新規開拓に成功した、ブルーマーリン。長年「良いポイントが見つからない」と未開拓だった、パラオ東部エリアに、10近くものオリジナルポイントを開発。まずは、その東部エリアの全貌を一気に紹介していきたいと思う。何故、そこまで未開拓の東部エリアにこだわったのか。ブルーマーリンのポイントリサーチ徹底取材第一弾!

パラオ・イーストサイド

ポイントリサーチのきっかけ、雨期のパラオ

パラオのベストシーズンと呼ばれる乾期は、移行期も含めて、11月後半頃から、5月頃までの約6ヶ月。この時期、風は北東から吹いてくることが多い。パラオの顔とも言える、人気のダイブサイト、ブルーコーナーやブルーホール、ジャーマンチャネルなどのあるゲメリスエリアや、ウーロンチャネル、シャークシティー、シアスコーナーなどのあるウーロンエリアは南西に位置するため、穏やかなベストコンディションの日が続く。
しかし、雨期である5月後半〜11月初旬までの間、風は南西側に回り、強く吹くと、西側の人気スポットは潜りに行くのが困難になる。潜りに行けたとしても、荒波を乗り越えて、かなりの無理を承知で船を出す事も多い。当然危険も伴うし、ゲストのストレスも多いわけだ。そんなコンディションのときに、風裏となる東側で潜れる既存ポイントが、ゲロンインサイドと、ゲロンアウトサイ ド、ショートドロップという3つしかないのは、パラオ通の間では、認知されているところだろう。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

0912palau_pic09
ブルーマーリン
http://www.meluis.com

幅広い年齢層のダイバーに人気でリピーターも多い。特に今回取材のターゲットとなった、オリジナルポイントの数々は、パラオでのダイビング経験の豊富なリピーターを中心に、「パラオの海の新たな表情が楽しめる」として、ディスカバリーコースと銘打って2009年1月より提供していて、参加者したダイバーからは、人気も上々だとか。ディスカバリーコースに参加するのに、通常のファンダイブに対しての追加料金などの設定は無く、希望者が揃えば参加可能だそうだ。

パラオロイヤルリゾート内に店舗を構えるブルーマーリン。施設も新しく、充実している。店内には、スタッフたちが、デザインしたオリジナルTシャツなどかわいいおみやげが豊富に取りそろえてあるお店「White Rock Lily(ホワイトロックリ リー)」が併設。観光客にも人気だ。船は、パラオでもまだ数の少ない、トイレ付きのスピードボート3隻を有し、体験ダイブから、講習ファンダイブまでをそつなくこなす。

ページトップへ