ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Ishigaki / 石垣島

石垣島ランキング

石垣島を愛するダイビングショップ15店が選出

Photo & Text
Takaji Ochi
Edit
Satomi Kikuchi
Design
tomatodesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Ishigaki / 石垣島

石垣島ランキング

石垣島を愛するダイビングショップ15店が選出

Photo & Text
Takaji Ochi
Edit
Satomi Kikuchi
Design
tomatodesign
HTML WEB MAGAZINEを見る

これは外せない!

人気生物ランキング

2位 サンゴ

ここ数年の高水温などが原因で、かなりのダメージを受けてしまったサンゴたち。だが、まだまだきれいな場所も多く残っている。特にナイトダイビングで見る産卵シーンは幻想的で、ぜひ一度は見てほしいシーン。「捕食や産卵など、サンゴは動物であるというシーンをぜひ見てほしい」(SEA-TRIP)、「八重山のサンゴのウリは、ほかにはない種類と元気さ!」(オーシャンブルー石垣)。

石垣島には多種多様なサンゴが生息している。スカシテンジクダイにデコレートされて、まるでクリスマスツリーのようなナンヨウキサンゴ

石垣島には多種多様なサンゴが生息している。スカシテンジクダイにデコレートされて、まるでクリスマスツリーのようなナンヨウキサンゴ

3位 コブシメ

2位と僅差だったコブシメは春先から初夏にかけての風物詩にもなっていて、この時期には人気の生物。「威嚇・交接・産卵・ハッチアウトなどさまざまなシーンが見られる」(ダイビングサービス大城)。

交尾や産卵に集まってきたコブシメは、警戒心が薄れるため近寄りやすくなり、迫力満点

交尾や産卵に集まってきたコブシメは、警戒心が薄れるため近寄りやすくなり、迫力満点

3位 ウミガメ

同率でランクイン。アオウミガメ・アカウミガメ・タイマイの3種類のウミガメが見られて、個体によってはかなり接近できることも。「寝てる顔がかわいい」(ダイブパラッパ)と、どこに行っても癒しの生物。

ポイントによってはダイバー慣れしたウミガメが生息しているので、目の前まで近寄っても気にしない個体も少なくはない

ポイントによってはダイバー慣れしたウミガメが生息しているので、目の前まで近寄っても気にしない個体も少なくはない

ページトップへ