ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Manado / メナド

メナド 鍵井靖章と行くミンピ号の旅

Indonesia Menado

Photo&Text
鍵井 靖章
Special Thanks
World Tour Planners
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200606_menado_kagii_cover

鍵井靖章と行くミンピ号の旅

毎年、夏の恒例となった水中写真家・鍵井靖章と行くミンピ号クルーズ。 このスペシャルトリップも、今年で3年目を迎える。航海ルートは、プテラポゴン・カウデルニィなど珍種が続々と登場するマクロ派ダイバー垂涎のレンベ海峡、蛍光ソフトコーラルの森が続くバンカエリア、そして美しいサンゴ礁とウォールダイブでも世界的に有名なブナケン島周辺の国立公園を予定。その3つの異なったエリアを一度のクルーズで潜り込む欲張りクルーズ。船上以外でもキャンプファイヤーや買い物ツアーなど楽しみは盛りだくさんだ!

メナド・鍵井靖章と行くミンピ号の旅

3年目を迎えたミンピ号スペシャルクルーズ

今年で3年目をメナド・鍵井靖章と行くミンピ号の旅迎えようとしているミンピ号スペシャルクルーズ。初年度(2004年)は、マハゲタン島近くの海底火山まで行くノーザンルートという計画で始まりましたが、海洋状況が少しでも悪化すると、短い日程でのその航海の成功が困難であるということを第1週目のクルーズで経験し、その後は、バンカ、レンベ、ブナケンの3つのエリアを巡るクルーズとして航海を行っています。
以前、メナドと言えば、ブナケン国立公園周辺でのダイビングが一般的でした。しかし現在はダイビングエリアを広げ、バンカ、レンベ方面まで足を伸ばすようになりました。メナドのリゾートホテルに併設されているダイビングセンターも日帰りトリップとして、バンカ、レンベ方面にダイビングに向かいます。しかし、それはスピードボートでの長時間移動であったり、またダイビングセンターによっては陸の車移動になります。また、そのような日帰りトリップは最小催行人数もあり、自分の予定通りに行かない場合もあります。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

ページトップへ