ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Perth / パース

都会のアシカ

西オーストラリア カナック島

Photo&Text
鍵井靖章
Special Thanks
World Tour Planners、Odysseadivers
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200707_perth_carnac_cover

西オーストラリア カナック島

WEB-LUE Vol.2でも紹介した、西オーストラリア、パースのオーストラリアアシカたち。そのアシカたちに2007年1月に再び会いに行く機会を得た。今回は、ダイビングをすることなく、アシカたちの撮影に1週間の時間をかけた。他では見られない、彼らの生息環境を明らかにする。そして新たに制定された矛盾した保護ルールに疑問を投げかける。

西オーストラリア カナック島のアシカ

不思議な生息環境を形成するカナック島のアシカたち

西オーストラリアの玄関口、西オーストラリア カナック島のアシカパース。このパースから海岸線に位置する港町、フリーマントルに移動してボートに乗りこみ、アシカたちの生息する小さな無人島カナック島を目指す。といっても、その島は船足の遅いボートでも30分程度で着いてしまう。スピードボートなら、ものの15分くらいで着いてしまうような距離だ。都会からそんなに離れていない小さな島に、オーストラリアアシカたちのコロニーがある。この島を訪れるのは、今回(2007年1月)で5回目。以前は特に保護ルールも無く、自由にアシカたちとの交流を楽しむことができた。しかし、久しぶりに訪れてみると、西オーストラリア州の環境保護を担当するCALM(Department of Consevationand Land Management)によって、保護のためのルールが制定されていて、以前のように自由には遊べなくなっていた。その内容は以下に触れることにして、まずはアシカたちとの遭遇体験をつづっていくことにする。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

ページトップへ