ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Yap / ヤップ

YAP RIZE KIDS – ヤップ

常夏の南の島は、子供たちにとって遊びの宝庫

Photo&Text
越智隆治
Design
Sana
Special Thanks
ヤップライズダイビングセンター
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
yap_201010_cover

常夏の南の島は、子供たちにとって遊びの宝庫

ヤップ島という、ミクロネシアの島の小さな小さな村、ワチュラブ村に日本の子供たちが集まった。
「お〜し!お前ら〜!俺についてこ〜い!」
いまだガキ大将気分のおじちゃんのドスの聞いた号令の下、子供たちは海に、ジャングルに、冒険にでかけた。常夏の南の島は、子供たちにとっては遊びの宝庫。ヤップの自然に囲まれて、子供たちはおもいっきり暴れ回った。

ヤップ RIZE

道を歩くだけでも、色々な発見がある

「おやじ〜、子供たちだけのキッズプログラムみたいの、ライズでやりたいんだけど、どんな感じにすればいいかな〜?」
そんな質問を投げかけてきたのは、ヤップライズダイビングセンターのオーナーガイドの大ちゃん(紹美大介)。
「どんな感じがいいかなって、やりたいようにやればいいんじゃない。どうせ自分がガキ大将みたいなんだから。第一、俺はお前のおやじじゃないよ」
あまり真に受けず、僕はそんな適当な返事を返していたと思う。

そんな会話を交わしたのは、もう1年以上前の話だ。しばらく後、自分の息子たちも含めて8人の年齢もバラバラの子供たちが、この南の島に集合した。下から、2歳、 4歳、5歳、11歳、13歳、15歳、16歳、18歳。

まず子供たちが向かったのは、熱帯植物が生い茂る、緑のジャングル。トラックの荷台に皆で乗り込み、ワチュラブ村から、隣村のストーンパスへやってきた。パスの周りで、自然に実った果実を見つけたり、傘に出来そうな巨大な葉っぱを見つけては、子供たちは「すげ〜!これ食べれんの?「すげ〜!!これ、でっけ〜!!」と普段見慣れない物を 見つけては歓声をあげる。
「俺についてこ〜い!!」と偉そうに言っていた大ちゃんは、「あ、俺の担当は海だけだから、陸はおやじにまかすわ」 とリゾートでまったりを決め込む。(何だよ、こいつ〜、俺は 取材に来ただけなのに)。いつの間にかリーダー兼ガイド役に仕立て上げられるのだけど、「お〜し、次行くぞ〜!」と 子供たちに向かって、号令をかけていた。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

ヤップライズダイビングセンター
http://www.rizedivingcenter.com/

子供たちが集まったのは、ヤップのワチュラブ村にある、ヤップライズダイビングセンター。前々から、極力自由な形、自分たちのスタイルでキッズプログラムを行いたいと思っていた。 今回の記事は、100%その内容を伝えているものではないかもしれないけど、きっと同じような楽しい日々を子供たちが過ごせるのではないかと思っている。

ページトップへ