ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Philippines / フィリピン

セブ島フォトツアー 越智隆治×ミラーレス一眼カメラ

越智隆治がセブ島の魅力をミラーレス一眼で表現!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
Coordinate
BLUE CORAL
Special Thanks
Panasonic、INON、ANSWER、TUSA
Model
Mari Hayashi、Kaoruko Inou
Design
Takako Nakamura
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201303_cebu_photo_325_230px

青空と太陽と白砂と海。
絵に描いたような“南の島”が最も手軽に手に入り、おまけに(!?)ジンベエザメまで間近で見られるセブ島。
今回は、「今、注目のミラーレス一眼カメラで一体どこまで撮れるのか?」を裏のテーマに、カメラマン越智隆治がセブ島の魅力をミラーレス一眼で表現します。

気分が浮き立ち過ぎると、体もフワッと浮いてくる……はずもなく(笑)、これは写真のテクニック。シャッタースピードを速くして、陸上でピタッと止まったようなポーズを取るモデルたちの努力がポイント。ミラーレス一眼で撮影したカット

気分が浮き立ち過ぎると、体もフワッと浮いてくる……はずもなく(笑)、これは写真のテクニック。シャッタースピードを速くして、陸上でピタッと止まったようなポーズを取るモデルたちの努力がポイント。ミラーレス一眼で撮影したカット

コンパクトだからジンベエザメにも肉薄!

パナソニックの最新ミラーレス一眼を構える越智カメラマン

パナソニックの最新ミラーレス一眼を構える越智カメラマン

Q.ミラーレス一眼カメラって何?

注目されている理由、メリットをごく簡単にいえば「コンパクトデジカメのように軽くて小さく操作も簡単なのに、一眼レフカメラのように高画質な写真を撮れる。また、レンズ交換も可能で、写真のバリエーションも増える」ということ。

従来の一眼レフは、レンズが取り込んだ像をイメージセンサーの前で鏡に反射して、結んだ実像をファインダーからのぞく仕組み。
実像をそのまま確認、撮影できるので、反応性に優れている。

一方、ミラーレスカメラは、ファインダーを電子式にし、センサーで感知したものをデジタル処理で映し出す。
一眼レフカメラ並みの高画質の撮影ができるが映し出すまでに時間がかかる。
ただ、一眼レフのような反射鏡が不要となり、ボディーをコンパクトにすることが可能。

越智カメラマンが感じるミラーレスの可能性

今やダイバー一人に一台のカメラという時代。
これまで「手軽に潜りたい」というコンパクトデジカメ派と「しっかり撮りたい」というデジタル一眼レフカメラ派に二分されていた層をつなぐカメラとして、注目されているのがミラーレス一眼カメラ。
その可能性にいち早く着目した越智カメラマンはその理由をこう述べる。

「クジラとかイルカとかジンベエザメとか、いわゆる海獣ばかり撮ってきましたが、やっぱり機動力が重要なんですよね。だけど、コンパクトデジカメだとプロの質という意味では無理があるので、ミラーレスにはとても期待しています。そういう意味でもいち早く開発していたパナソニックさんのミラーレスに注目して使っています」

ただ、当初は従来(光学式)の一眼レフカメラに機能で及ばないとプロの現場ではあまり使われることがなかったが……。
「確かに最初のころはそういう面もありましたが、最新のGH3では、本当に遜色なくなってきました。実際、取材の現場でも、陸上ではGH3を使うことも多くなってきています。今回、水中ではさらに軽量でエンドユーザーに近いGX1やGF3で撮りました、これだけ撮れるというのがわかっていただけると思います。
これまで、水中で撮りたい被写体が出たとき、正直なところ、まだミラーレスより一眼レフを手に取っていましたが、GH3なら通常のプロの仕事としても使いたいなと思えるようになりました。ぜひ次はGH3で水中も撮ってみたいと思いますよ」

ミラーレスは、コンデジと一眼レフを“つなぐ”と先述したが、その将来は、垣根を“超える”あるいは、“壊す”のかもしれない。

コンパクトなミラーレスの大きな武器は機動力。今や名物となったセブ・オスロブのジンベエザメにも大接近!

コンパクトなミラーレスの大きな武器は機動力。今や名物となったセブ・オスロブのジンベエザメにも大接近!

越智カメラマンの愛機

Panasonic LUMIX GH3

PANASONIC GH3

パナソニック最新のハイスペック・ミラーレスで、「デジタルカメラグランプリ」のハイクラスで金賞を受賞。
ファインダーを残したまま進化するプロ仕様のスペック。

軽量化を追求したミラーレス

ハウジングに入れてもコンパクトで、「手軽に潜りたい」「機動力を上げたい」でも「コンデジじゃもの足りない」という方にオススメ。

ハウジング&ストロボ

越智隆治のハウジングとストロボ

パナソニックのGシリーズに対応するアンサーのハウジングとINONのS-2000
越智がこれらを注目し選んだポイントはそのコンパクトさ。
ミラーレスのメリットを最大限に引き出す最強のユニット。

Special Thanks

BLUE CORAL
http://www.bluecoral.jp/

第2回、越智隆治と行くセブ島フォトツアー開催決定!

■2013年5月12日(日)~5月15日(水)
■2013年5月15日(水)~5月18日(土)
■2013年5月18日(土)~5月21日(火)

「フォト派ダイバーの方のために、オーシャナさんと協力して、人気・実力ともに折り紙つきの越智隆治氏と一緒に!!これ以上の物はありまへん!」と、ヒロさん。

中2日のダイビングは、初日はギンガメアジ渦巻く人気のバリカサグ、2日目はオスロブでジンベエザメ尽くしという贅沢なラインナップ。前回好評だった、オーシャナ上でのリアルタイムフォトコンも開催予定。充実の内容でお届けします。

上級者のためだけのフォトツアーでなく、コンデジで気軽に参加したい人も大歓迎。少しでも水中写真に興味のある方は、ぜひご参加ください!

ツアー日程
●1日目
フィリピン・セブ島到着→夕食
●2日目
バリカサグ3ダイブ+ハウスリーフ1ダイブ(予定)
●3日目
オスロブ1ダイブ(ジンベエザメ)+スミロン1ダイブ(予定)
ダイビング終了後、マクタンへ移動
●4日目
日本へ

■料金
128,000~130,000円

★ツアーの詳細・お申込みは以下のページリンクから!

【募集中】水中写真家・越智隆治と行くセブ島フォトツアー、第2回を2013年5月に開催!

Panasonic
http://panasonic.jp/dc/

今回のウェブマガジンでご協力いただいたのは、Panasonic。

「今、注目のミラーレス一眼カメラで一体どこまで撮れるのか?」
カメラマン越智隆治がセブ島の魅力をPanasonicのミラーレス一眼で表現します。

ページトップへ