企画特集FEATURE

ダイビングの始め方・決定版!閲覧無制限

カテゴリ:知る

都市型ショップと現地サービスの違い

それぞれ特徴の異なる二つの形態

いわゆる「ダイビングのお店」は、「都市型ダイビングショップ」と「現地ダイビングサービス」の二つの種類に分けることができます。

「都市型ダイビングショップ」とは、その名の通り東京や大阪など “街の中にある” ダイビングショップです。
街の中で「ダイビング」という看板を掲げたお店を見たことがあるかもしれませんが、そういったお店はこの都市型ダイビングショップという中に分類されます。

それに対して「現地ダイビングサービス」とは、沖縄や伊豆など海の近くにあり、主に“直接的にダイビングに関わるサービス”を提供するお店です。
そのサービスとは、例えばその現地の海をガイドすることであったり、空気を充填したタンクを貸し出すことであったり、です。

都市型ダイビングショップ=ダイビングの総合コンサルタント

都市型ダイビングショップは、そこに通う人の“ダイビングに関する総合コンサルティング業”に近いかもしれません。
Cカード取得後にいろんな海に行けるファンダイビングツアーを(往復の移動・運転を含めて)開催しており、海に行けばガイドもしてくれます。
ツアー以外にも、器材に関しての相談やスキルアップに関してのアドバイスなど、それぞれのお客さんのダイビングライフをより総合的にサポートしてくれるのが特徴です。

現地サービスと比べると、講習や器材に関する知識・ノウハウなど、「教育面」に特徴があると言えるでしょう。
都市型ショップからみれば、いつも通うお客さんの特徴やダイビングの趣味は把握しやすくなります。それによって、その人に合った器材のコンサルティングやスキルアップの指導・アドバイス、さらには「あなたにはこの海が面白いと思いますよ」というダイビングスポットに関する提案などがしやすい、ということになります。
そういった点から、「ダイビングスクール」と名乗っているお店もあります(詳しくは8.ショップ?サービス?スクール?それぞれの違いをご覧ください)。

また、メンバーさん同士も自然と仲良くなるケースが多く、ダイビングの“サークル”のような側面もあります。

現地ダイビングサービス=その海のスペシャリスト

現地ダイビングサービスの特徴は、何よりもその海のことをとてもよく知っている、ということです。
その海の中のことなら世界の誰よりも詳しい人たち、と言っても過言ではありません。

現地サービスのガイド(インストラクター)は、基本的には毎日のようにその海で潜っており、「今その海でどんな生物がどこにいるか」「1年間でその海がシーズンごとにどう変わるか」などの情報・知識をたくさん蓄えています。
その意味では、「インストラクター」よりも「ガイド」という性格が強い傾向にあるかもしれません。
現地のスタッフにガイドをしてもらうことは、ダイビング自体のいろいろな面白さ、特にフィッシュウォッチング(生態観察)的な面白さが十分に味わえることにつながります。

現地サービスは、ダイビングをする上で欠かせない存在だとも言えます。
地元からその海を潜る許可をもらっていたり、ダイビングに必要な施設やタンクを提供したりするのは、基本的には現地サービスの仕事だからです。そのため、都市型ショップのツアーに参加したとしても、現地の海に行けば少なからず現地サービスのお世話になることになります。

都市型ショップと同様、お客さんが同じ現地サービスによく通うと、現地サービスとしてもその人の特徴やダイビングの趣味を把握しやすくなります。
そうすると、現地サービスとしてはよりそのお客さんに合ったガイドができるようになりますし、器材やスキルアップに関するアドバイスもしやすくなるでしょう。

また、都市型ショップのところで器材やスキルアップのことについて触れましたが、もちろん現地サービスの中でも器材や講習(スキルアップ)に関して手厚いサポートをしてくれるところもあります。

ページトップへ