ダイビングのギモン、なんでも相談!なんでも答えるQ&A

立ち姿勢になって砂を巻き上げている言われます…

一緒に潜っている人に、ダイビング中に立ち姿勢になっていると言われます。
以前にも、砂を巻き上げていると言われたことがあります。
上手な人は水平に浮かんでいる(泳いでいる)ように見えますが、意識して頭を下にしているのですか?

■千葉県/かりちゃん(女性・18本)

回答・Answer

無自覚に砂をモクモクなダイバーが多い中、
自ら気がつき、意識できるお主は、きっとうまくなるはずじゃ。

〝立ち姿勢で泳ぐ〟は中性浮力がとれていない、浮力が足りていない典型的なサイン。
本来、中性浮力がとれていれば、フィンキックは推進力、
前に進む力のみに使えるが、体が沈み気味だと沈む体を浮かせようと重力に対抗し、
下に向かってキックをして浮く力に使ってしまうのじゃ。

立ち姿勢で泳ぐ弊害は多い。

水平に進むより水の抵抗も大きく、
本来ならBCで解決できるはずの浮力までキックまで引き受けねばならん。
さらに、常に体が沈まないよう〝頻繁にキック〟するハメにもなってしまい、
疲れるし、呼吸も乱れてストレスも増すし、おまけに、砂をモクモクと巻きあげ顰蹙を買うことも……。

立ち姿勢にならないようにするには、まずは一旦フィンキックを止めてみる。
そのとき体が沈むようならBCに給気してしばらく泳いでみて、再度フィンキックを止める。
まだ体が沈むようならBCに給気して……といったことを繰り返し、
キックしてスィ〜、キックしてスィ〜とキックの惰性で前に進めるようになれば完璧じゃ。
ちなみに、あまり顔を上げ過ぎるともちろん足も沈むので顔を少し下げてみるのじゃ。

まあ、まずはとにかく水中ではゆったりとした行動を心がけることじゃ。
ゆったりとした動きは中性浮力ができていないとできないので、
肩の力を抜いて、ガイドのフィンキック数をまねてみることから始めてみるといいぞ。

と、ここまでは中性浮力ができていないがための立ち姿勢の話じゃが、
一歩先には中性浮力がとれていることが前提の水中姿勢の話ってのがある。

いくら中性浮力が完璧でも、水中で完璧に水平にピタッと止まろうと思うと、
前後のバランスまで考えた装備でないとなかなか難しい。
プロのダイバーたちは、フィンをプラス浮力のものにしてみたり、
BCをバックマウントにしてみたり、ウエイトの位置を肩口・背中に入れたり、
タンクにつけてみたりと、試行錯誤して自分に最適なバランスを身に付けておるわけじゃが、
遊びでどこまでやるかは考え方次第。

ただ、バランスが変わるとダイビングの快適度がグッと増すことは間違いないので、
ウエイトの位置を変えてみたり、
フィンをいろいろ試してみたり(フィンの種類やフィット感はダイビングをするうえでかなり重要)するくらいはやってみる価値大じゃ。

ページトップへ