ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

海洋民族の末裔・パラオの新しい匠たち

Rainbow's End × Day Dream

Photo&Text
鍵井靖章
Special Thanks
DayDream Palau daydreamSPIRITS
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200808_palau_guide_cover

Rainbow’s End × Day Dream

今回のDay Dream PalauのWEB-LUE取材は全てパラオ人ガイドで行った。彼らの名前はモーイ、スター、ボボイ。大きな体躯は似ていても、性格の全く異なる3人。Day Dream Palau代表・秋野大さんが、日本人スタッフと同じように活躍する彼らを是非、紹介したいということだった。「ゲストへの対応、ガイド力はもちろんのこと、とにかく、彼らの海に対するセンスは、僕らに真似ができないんです。やっぱり海洋民族としての血なのでしょうか?ほんと、それ以上は説明がつかないんですが、良いものを持っているんです(笑)」と、秋野さんの言葉で今回の取材は始まった。

パラオの海中景観

青い窓に浮かぶギンガメアジの軌道

取材初日、パラオのギンガメアジ1本目のダイビングポイントはシアス・トンネルだった。ガイドを担当してくれたボボイは、エントリーの前に「もしギンガメアジが深い場所にいたら、少し浅い方に来るようにするね」とポツリと言った。きっとペットボトルで音を出して誘き寄 せるつもりでいたのだと思う。壁沿いに潜降して、ボボイに導かれるままにトンネルの中に進入した。水深35m付近にギンガメアジの群れを発見した。上から見て、「少し深いかな?」と思い、ボボイの方を眺めると、もう1台の私の水中カメラを抱えたまま、静かに中性浮力をとっている。「あと少しギンガメアジを上げてもらっても良いのに……」と思いながらも、私は撮影を開始した。そして思い切って少し深度を下げてみると、大きな青い窓の中と外を行き来する魚群が浮かび上がっていた。地形と魚群が織り成すパラオならではの景色がそこにはあった。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

08palau_pic09
デイドリーム パラオ
http://www.daydream.to/palau/

代表の秋野大を筆頭に日本人、パラオ人混成の常勤ガイドが10名。ベテランから若手まで揃い、フィッシュウッチング派、カメラ派、ビギナー、ブランクダイバーやシニアダイバーまで幅広い層に支持される。リピート率も高い。また、個々のガイドセンスを生かしつつ、チームとしての総合的なガイド力、ゲストへの満足度などのボトムクオリティーを挙げる努力を怠らない。常にポイント開発を積極的に行い、新しいパラオの海を紹介し続ける。これまでweb-lueで紹介し続けてきたデイドリームパラオ・ペリリューステ-ションも人気。

ページトップへ