ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Thai / タイ

鍵井靖章の「タイ陸横断」

アンダマン海~タオ島を潜り倒す

Photo&Text
鍵井靖章
Special Thanks
KATA DIVING SERVICE, SAMUI DIVING SERVICE, A&A
Design
Maya
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200808_thai_kagii_cover

アンダマン海~タオ島を潜り倒す

ダイバー憧れのダイビングポイントが数多くあるタイ。多くのクルーズ船が行き交う「アンダマン海」と タイ湾に面した「タオ島」。ともに圧倒的な魚影の濃さを誇り、個性豊かな海として有名だ。
今回、写真家・鍵井靖章が陸路を横断し、取材を敢行。ベストシーズンの2つの海の魅力に迫る。アンダマン海側では「スクーバーエクスプローラー号」に乗船し、タオ島では島を基点に各地のポイントに潜るという、贅沢な旅のリポート。

アンダマン海~タオ島を潜り倒す

日中に4本のダイビングができる!
ゆとりのスケジュールが魅力

今回、スクーバアンダマン海~タオ島を潜り倒すエクスプローラー号での乗船取材で改めて驚いたことがあった。それは、ダイブスケジュールがとても計画的で、快適に船上生活を送れたことだ。アンダマン海を走るダイブクルーズは、基本的にプーケットを出発して、スミラン 諸島、コボン、コタチャイ、リチェリューロックを巡る。4エリアとも見られる生物が異なる素敵なポイントばかりで、どのエリアも外すことはできない。しかし、この4つのエリアはそれほど近くなく、また、最短4泊5日で全てを踏襲するのだから、多少慌しいスケジュールも予想される。  
しかし、今回のお世話になったスクーバーエクスプローラー号は、そんな余計な心配とは全く無縁で、快適にこの4つのエリアにエスコートをしてくれた。そして何よりも嬉しかったのは、「日中に4本のダイビングを行える」ということ。クルーズで在りがちなパターンは、4本目の最終のダイビングがサンセット、または、ナイトダイビングになってしまうことが多い。しかし、スクーバーエクスプローラー号では、明るいうちに、しっかりと4本のダイビングを楽しませてくれた。
そしてダイビングの間は、快適&広い空間でゆったりと十分に休憩をとることができる。旅の疲れを感じさせない。そこが嬉しい。またナイトもオプションで開催され、1日5本のダイビングを楽しむことができた。リラックス&ダイビングを満喫した船の旅となった。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

カタダイビングサービス
http://www.katadiving.net/

1989年オープンのプーケットでも老舗のダイビングセンター。乾季は10名ものスタッフを抱える人気のDCで、ガイドは少人数制のスタイルを維持する。これまでプーケットのダイビングをリードしてきた存在で、常に最前線にいる。北はスミラン、スリン。南はヒンデン、ヒンマンまでと幅広く網羅し、常に情報発信を怠らない。最大の武器は、自社クルーズのスクーバーエクスプローラー号。来年で5周年を迎え、より充実したサービスを展開している。

サムイダイビングサービス タオブランチ
http://www.samuidiving.net/

増子さん、広美さん、いがちゃんの日本人インストラクターとヨーロピアンスタッフが常駐するダイビングサービス。島の南にある豪華リゾート・コタオリゾートに併設される。実績のあるサムイダイビングサービスの「たおみせ」として、2005年からタオに拠点を置く、2007年からタオブランチとして本格始動。

ページトップへ