ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Yaeyama Islands / 八重山諸島

石垣島から繋がる 八重山全島巡り旅

石垣島を拠点に、八重山諸島を一気に巡る旅!

Photo&Text
古見きゅう
Design
Tomato
Special Thanks
:ダイブステーション ゆいマーレ
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ishigaki_yaeyama

竹富島&黒島

[竹富島&黒島] 
和みの砂地とV字のドロップオフ

 昔ながらの赤瓦の家が建ち並び日帰りの観光などでも人気の竹富島は、プラプラと散歩気分で歩いているのが気持ちいい。この島でのダイビングもそんな気軽な感じで潜ってみると、いい感じなのかもしれない。砂地がメインとなるダイビングポイントが多く、気楽な気分でなんとなく眺めていると、不思議なくらい色々な生物が見えてくる。「リトルクリーチャーズホーム」では無数のギンガハゼ。「ジャガイモ」では警戒心の欠片も持ち合わせていないようなヤシャハゼと、人気どころの被写体がとにかく多い。砂地にポツリと落ちているようなサンゴやホヤ、海藻などには小さなウミタケハゼの仲間がついていたりと、かなりのフォトジェニック揃いなのだ。こちらも水深は比較的浅めなので、じっくり小さな生き物と向き合える島だろう。

竹富島&黒島

 とにかく牛が多いということで有名な黒島。その数、人口の約10倍。もはや牛大国と呼ぶに相応しい。島の周辺は、大きく分けて2通りの表情を持っている。観光船が離発着する港のまわりは、船で通り過ぎるだけで心が躍る美しいソーダブルーの海。「テラピー」は真っ白な砂地にパッチリーフが点在し、ハダカハオコゼやハナヒゲウツボなどもレギュラーメンバーだ。ちなみに、今回の取材直前にスタッフのアキちゃんが「この前ホムラハゼ見つけたんですよ!」と話しくれたのだが、残念ながら今回は見つけることはできなかった。またいつか会おうぞホムラハゼ。島の南西部はドロップオフが売り。名物の「V字」は垂直に落ちる壁を、ハナゴンベなどを見ながら流していくと、V字カットの大きな窪みに辿り着く。水底から見上げるとかっこいい光景だ。ここにノコギリダイやアカヒメジの群れなどが絡んでくるので、様々な絵作りが可能だろう。またこの周辺は冬のマンタポイントとしても有名だ。

 黒島のダイビングポイントは、大きく分けると砂地と地形です。伊藤亜紀島の北側には人気のハナヒゲウツボがいて、人慣れしているので写真も撮りやすいです。水がよいときはまさに癒しの砂地です。島の西側は、岩盤+ドロップオフで地形を楽しみましょう。冬場にはマンタが水面で捕食している姿もよく見られます!
 竹富島には砂地、地形、大物、マクロのオールマイティーなポイントが揃っています。代表的なのは砂地でマクロダイブ。島からの雨水が入り混じるのか?汽水域のレアな生物が発見されたりします。反面、地形・大物ポイントは雰囲気が変わりダイナミック!冬場にはイソマグロがトルネード!バラクーダ、ツムブリ、ギンガメアジなども登場します。夏も冬も熱い竹富エリアです。

Special Thanks

specialthanks
ダイブステーション ゆいマーレ
http://yuimare.com/

八重山の老舗ダイビングサービスのスタッフとして長く経験を積んだ江口さんが2009年にオープン。全てのゲストに楽しんでもらえるガイドとサービスを提供するために少人数製にこだわり、きめ細やかに八重山の海を走り回り案内してくれる。江口さんが「うちのエース」と信頼を置く、大きな笑顔と笑い声が素敵なアキちゃんに加え、「七夕ボーイ」と呼ばれる大島さんも加わり更にパワーアップした。  ゆいマーレのコンセプトは「喜びの共有」。ゆい(結)マーレという意味であり、全ての人が繋がり、1つの海で喜びあえるような、誰もが心地よく海を楽しむことができるショップだ。

ダイブステーション ゆいマーレ 〒907-0024 沖縄県石垣市新川2371-9 TEL 0980-82-5640 FAX 0980-87-0564 MAIL info@yuimare.com

ページトップへ