ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iwate / 岩手

それでも海を信じたい

東日本大震災から1年後の三陸の海のルポルタージュ。

Photo
越智 隆治、中村 卓哉
Text
寺山 英樹
Design
Panari*Design
取材協力
三陸ボランティアダイバーズ
特別協力
The More Project Japan
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
wm201204main

あれから1年。三陸の海は取り戻せたのか!?
3.11ドキュメント

 あれから1年。2012年3月11日。岩手県大船渡市高田町越喜来(おきらい)泊。すべてを飲み込んだ海の中にいる。

 水温3度。時に4度。ドライスーツの下は、いつも以上に着こんだインナーウェア。さらにその上にホッカイロを4枚貼って臨んだものの、強烈な寒さにくじけそうになる。唯一、直接水に触れている口の周りは冷たくはない。痛い。「この水温だったのか……」。改めて、あの日の津波を思う。
 ぽっきり折れた電柱、ひしゃげた鉄骨、絡み合うロープの束。海の中は、そこかしこにまだまだあの日の爪跡が残っている。ダイビングサービス「みちのくダイビング・リアス」の佐藤寛志氏が、目の前でそんなガレキの山と対峙している。彼のこの1年は、ガイドではなく、「NPO法人 三陸ボランティアダイバーズ」(以下三ボラ)の理事長としての活動がほとんどである。
 130キロの立派な体躯と人柄そのままの人懐っこい笑顔で”くまちゃん”の愛称で親しまれているが、水中ではフルフェイスのフードに笑顔をしまい込み、頭の両サイドにライト、足ではなく腕にナイフを装着し、黙々と作業をこなしていく。手元を照らしながら作業ができるように、すぐにナイフが取り出せるようにという、海底清掃のための工夫だ。

 船上から降ろされたロープをガレキの一部にくくりつけ、時にナイフで切り離し、くまちゃんがロープをクイクイっと引っ張るのを合図に、船上の漁師や三ボラのメンバーたちがロープを手繰ってガレキを引き上げる。ガレキが引き上げられると、再び水中のくまちゃんのもとへロープが投げ込まれ、それをガレキにくくりつけ……この一連の作業が黙々と1時間続く。
その手際の良さや装備の工夫が、この1年の海底清掃の積み重ねを感じさせる。
 1時間ほど潜っている間に、指先の感覚は失われ、痺れてくる。口の周りはもはや感覚さえなく、体が小刻みに震え始める。「戻りたい」。その願いは浮上サインひとつで叶うが、あの日は叶わなかった人が大勢この海にいた。
 『遺体』(石井光太著・新潮社)というルポタージュの中で、津波に流されたものの、浮いた屋根の上に這い上がって一命を取りとめた女性が、海から助けを求める描写がある。結局、闇夜の中でどうすることもできず、潮に乗って沖へと流され、「助けてください、助けてください」という声と供に闇の彼方へ彼女は消えていってしまう。「立っているだけで震えが止まらなくなるほどの寒さで、濡れた服装のまま海面を漂流して朝まで耐え抜くのは難しい」。戻る術のない彼女の痛さ、絶望は想像を絶する。
 エグジット後、集まった三ボラのダイバーや漁師たちは、手を合わせ、花を海に手向けて、思い思いに黙とうを捧げた。悼むために。忘れないために。

Special Thanks

三陸ボランティアダイバーズ
http://sanrikuvd.org

東日本大震災で被災した三陸沿岸地域の復興を手伝うために集った三陸ボランティアダイバーズ。これまで述べ2000人のダイバーたちが、漁師とタッグを組んで、海や川のガレキ撤去や海辺の清掃はもちろん、仮設住宅への激励や各メディアへの呼びかけなどなど、あらゆる角度から支援を行なってきて、今なお続いている。

活動内容のお問合せ先
三陸ボランティアダイバーズ
担当=早乙女
info@sanriku.org

ページトップへ