ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Indonesia Komodo / インドネシア、コモド

世界遺産・コモドの海を巡る、魅惑の帆船クルーズ!

2つの海流が交じり合う奇跡の海、5日間の帆船クルーズの旅

Photo&Text
鍵井 靖章
Art Direction
PanariDesign
Design
Yoshiko Murata
Special Thanks
エス・ティー・ワールド
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
komodo_top

Indonesia Komodo / インドネシア、コモド

世界遺産・コモドの海を巡る、魅惑の帆船クルーズ!

2つの海流が交じり合う奇跡の海、5日間の帆船クルーズの旅

Photo&Text
鍵井 靖章
Art Direction
PanariDesign
Design
Yoshiko Murata
Special Thanks
エス・ティー・ワールド
HTML WEB MAGAZINEを見る
komodo_top

コモドドラゴン&ピンクビーチの上陸観察!

コモドは、熱帯気候のインドネシアでありながら、南東貿易風の影響で、サンバナ気候となり、荒涼とした乾燥した島々がひろがる。そのような環境の中、クルーズ中に何度か島への上陸観察を楽しむことができる。

まずは、世界的に稀なサンゴの欠片で作られるピンクピビーチ。オルガンパイプコーラルというサンゴの仲間が、細かく砕けてできたポイントで、赤いサンゴの粒が白砂と交じり合ってピンクに見える。

コモド・ピンクビーチ

ピンクビーチにみんなで上陸。桃色の海岸線なんて、とてもロマンチック!

そして、人気のコモドドラゴン。
観察できるポイントは2箇所ある。

まずは、リンチャ島の観光エリアでもあるレンジャーステーション周辺。軒下には半野生(?)のコモドドラゴンがたくさんいる。
他にも小高い丘に登って散策しながら、貝の化石、水牛、カニクザル、ティモールシカなどにも会える。またコモドドラゴンの産卵床(産卵期、9,10月)で、卵を守るコモドドラゴンの姿が見られることも。

コモドドラゴン

そしてリンチャ島南部の海岸線でも出会うことができるが、ここは野生むき出し。海岸にボートで接近していくと、茂みの中から、私たちを餌として認識したドラゴンたちが現れてくる。

コモドドラゴン

いきなり泳ぎ始めたコモドドラゴン。これは珍しいシーン。

Special Thanks

komodo_cruise
エス・ティー・ワールド
http://stworld.jp/

コモドのダイブクルーズ、詳しくは、エス・ティー・ワールドのコモドツアーページまで。

Information

ご予約の方に マイクロファイバータオルプレゼント!

このクルーズを取り扱うダイブナビ(㈱エス・ティー・ワールド)へ、予約時に「オーシャナ見た」とお伝え頂ければ、オリジナルマイクロファイバータオルをプレゼント!
※在庫無くなり次第終了

ページトップへ