パラオ、 ミッドナイト★ダイブクルーズ

Palau / パラオ

見たことの無い不思議な容姿の魚達と、あらゆる生き物のラーバ(幼生)との出会い。

Photo&Text
峯水 亮
Special Thanks
デイドリームパラオ、坂上治郎、フィッシュアイ
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Palau / パラオ

見たことの無い不思議な容姿の魚達と、あらゆる生き物のラーバ(幼生)との出会い。

Photo&Text
峯水 亮
Special Thanks
デイドリームパラオ、坂上治郎、フィッシュアイ
Design
PanariDesign
ocean+α BLUE Magを見る

デイドリームのクルーズ船「龍馬Ⅰ号」で、ミッドナイトダイブと題するスペシャルトリップが開催された。
その内容はクルーズタイトル通りのナイトダイブ三昧。しかし、ナイトと言ってもただのナイトダイビングではない。ナイトダイブよりも遥かに遅い真夜中、この時間から活動する生き物や魚たちに合わせて潜り、新たな生態を探る特別なダイビングだ。

これまでに見たことの無い不思議な容姿の魚達と、あらゆる生き物のラーバ(幼生)との出会い。
夜が来るのが待ち遠しいミッドナイトドリームの日々。

パラオ・ミッドナイトダイブクルーズ

オンリーワンのダイビングを適える為の準備

このクルーズの目的は、普段のダイビングではまず見ることのない不思議な容姿のラーバ(幼生)に出会う為だ。
今流行っている浮遊系ダイビングだが、海洋島のパラオという地理的な特徴から、出現するのは主に熱帯の外洋に生息する生物層で、誰もまだ見た事の無いような生物が毎ダイブごとに出現するという、生物好きのダイバーには心をくすぐられる内容だ。
こういう潜り方をしなければ絶対に逢えない生き物達との出会いは、ある意味オンリーワンのダイビングと言っても過言ではない。

この企画は、パラオのミッドナイトダイブの先駆者でもある、魚類生態学研究家の坂上治郎氏(ジローさん)の提案により、デイドリームの秋野大氏が賛同して開催された。

イエローカラーのタルマワシ

イエローカラーのタルマワシ。地球外生命体を連想するその姿にそそられる