ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Hokkaido / 北海道

氷の下の天使!北海道part2 知床半島・ウトロ

北海道は知床半島・ウトロの流氷ダイビング。まだハードルが高いように思われているその様子を、取材陣が徹底レポート!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201307_hokkaido_todo_325_230px

前回の北海道パート1でご紹介した積丹半島から札幌に戻り、次に向かったのは北方領土が目の前に迫る、世界遺産・知床半島。

海の天使・クリオネのすむ、氷の下の神秘の世界へ…。

氷遊び

クリオネ。海の天使。あるいは、妖精と呼ばれる、ダイバー憧れのアイドルに逢えるのは、国後島の一部よりさらに北に位置する知床半島の氷の下。

半島東の羅臼(ラウス)と西側の宇登呂(ウトロ)が、いわゆる“流氷ダイビング”のメッカだが、今回取材班が潜ったのは後者。

遠くサハリンからオホーツク海を渡ってやってくる流氷は、例年2月から3月にかけてウトロに接岸。
風や天候の影響を受けやすい流氷のコンディションを見極めつつ潜る流氷ダイビングは、限られた期間にしか潜れない、一度は潜ってみたいプレミアムなダイビングスタイルといえる。

取材班のトド遭遇の幸運は続いており、訪れた2月後半はグッドコンディションで、岸から沖にかけて見渡す限り白銀の世界。
この美しくも浮世離れしたシーンを見ていると、沖縄の海からここ流氷南限の海まで、日本の海のスケール感を思わずにはいられない。

ビーチエントリーで氷の下を進む

ビーチエントリーで氷の下を進む

流氷ダイビングというと、氷に穴を空け、ロープを垂らして潜る、ワカサギ釣りの人間版といったイメージだったが、意外なことにビーチエントリー。

がっつり接岸し、流氷と岸が強固に地続きになる“完全氷結”という状態になると、イメージ通りの潜り方になるが、温暖化の影響もあって、ひと昔前のように完全氷結することは少ないそう。
そこで、陸上からある程度固い氷はチェーンソーなどで穴を空け、あとは、人力で氷をかき分けながらビーチエントリーするスタイルだ。

硬い氷はチェーンソーで切り裂く

硬い氷はチェーンソーで切り裂く

一致団結し、砕いた氷をよけてエントリー口を作る

一致団結し、砕いた氷をよけてエントリー口を作る

氷を目の前にして、ダイバーたちは、薄い氷の上を歩いてスリルを楽しむロシアン・ウォーキングをしてみたり、ジャンプして氷を踏んづけて割ってみたり、遊びながらエントリー口を作っていく。

そろ~りそろりと薄氷の上を歩く。運が悪いとそのままドボン

そろ~りそろりと薄氷の上を歩く。運が悪いとそのままドボン

ノンダイバー向けに、ドライスーツで氷の上を歩くツアーがあるくらいだから、こうやって氷と遊んでいるだけで、もう楽しい気分♪

ひとしきり、童心に戻って氷遊びをした後、砕けた氷を手で端へ寄せていよいよエントリーとなる。

エントリー口を作ったら、命綱を持ちながらダイビング

エントリー口を作ったら、命綱を持ちながらダイビング

粉雪降る海に、舞い降りる天使

命綱となるロープを握りしめ、氷をかきわけエントリー。
胸の辺りの水深でかがんで、氷の下を泳ぎだすと、辺り一面モヤモヤとまるで蜃気楼の中にいるみたい。

その正体は、流氷から溶けた水と海水との塩分濃度の違いからできるケモクラインで、水深が深くなるまでしばらく続く。

やがて、水深10メートルくらいまでくると、視界はパァッと晴れ、見上げれば、太陽光が氷に煌めき、ケモクラインが光をくゆらす、何とも言えない幻想的な世界。

氷の裏に立ってみる。腰から下のモヤモヤはケモクライン

氷の裏に立ってみる。腰から下のモヤモヤはケモクライン

さて、海の天使はどこにいるのだろう?
陸で天使や妖精に逢おうと思えばピュアな心の目が必要だけど、海の天使に逢うのに必要なのは、ジャスト、目。
1センチ前後の透き通った体を持つクリオネを見つけるには、目のピントを絞りながら辺りを注意深く、そして、願いを込めて見つめ続けるしかない。

中層をじっと見つめること10分ほど。
果たして願いが通じたのか、粉雪舞う氷の世界に、海の天使が降りてきてくれたのでした。

「粉雪降る海に舞い降りる天使」。現実的にいえば、「浮遊物のハレーションの中見つけたハダカカメガイ」

「粉雪降る海に舞い降りる天使」。現実的にいえば、「浮遊物のハレーションの中見つけたハダカカメガイ」

今、流行の浮遊系がいっぱい

今、流行の浮遊系がいっぱい

Special Thanks

aviiwave_20130615
Avii Wave(アビイウェーブ)
http://www.aviiwave.com/

若き代表・西村伸人さんは北海道の海ならお任せの道産子ガイド。
特にトドの海で修業を積んだ経験を活かし毎年トドツアーを開催している。
その他、きめ細かいケアに定評のある(ケーキ作りと料理が得意♪)矢野達也さん、撮影のことならお任せの大川拓哉さんなど、どんなダイビングスタイル、講習にも対応できる布陣で完全サポート。

積丹半島を中心に潜っているが、流氷ダイビングや前回紹介したトド・ダイビングのほか、淡水ダイビングの支笏湖などなど、札幌拠点に北海道を広く潜っている。

北海道ダイバーはもちろん、一度北海道を潜ってみたいと思っている北海道以外のダイバーも、札幌の観光やグルメも楽しみたいならオススメ。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-26
tel:011-788-9832
support@aviiwave.com

Information

sunflower_201306151
商船三井フェリー

北海道へのダイビングツアー、カーフェリーがおすすめ!
さんふらわあ号によるカーフェリーがおすすめな理由は…

・エアと比べてもリーズナブルな料金
・ダイビング器材とカメラ機材の持ち運び
・レストランやラウンジのほか、展望浴場、ゲームセンター、マリンシアターと充実の施設
・“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士の賑やかな移動

oceana_hokkaido_20130615
オーシャナ×アビイウェーブ トド&流氷&グルメ、北海道いいとこ取りツアー

2014年2月、取材班がリサーチしたトドと知床の海を中心に、北海道のグルメ、流氷を見ながらの温泉、観光スポットまで、一挙に楽しんでしまおうと欲張りなツアーを企画しました。
トドだけ、流氷とクリオネだけの途中参加も可能なので、この機会に、ダイバー目線で北海道のいいとこ取りしましょう!

トド&流氷&グルメ!北海道いいとこ取りツアー | オーシャナ

夏の北海道を潜る オーシャナ・スペシャルプラン

日本一の透明度を誇る支笏湖やウニのおいしい季節の積丹半島を潜るスペシャルプラン。
本州ダイバーも北海道を旅しながら、ぶらりとダイビングも楽しめるお得なプランだ。

支笏湖のプランはこちらのPDFをご覧ください。
積丹半島のプランはこちらのPDFをご覧ください。

ページトップへ