ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Hokkaido / 北海道

氷の下の天使!北海道part2 知床半島・ウトロ

北海道は知床半島・ウトロの流氷ダイビング。まだハードルが高いように思われているその様子を、取材陣が徹底レポート!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Hokkaido / 北海道

氷の下の天使!北海道part2 知床半島・ウトロ

北海道は知床半島・ウトロの流氷ダイビング。まだハードルが高いように思われているその様子を、取材陣が徹底レポート!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る

流氷ダイビング ビフォー・アフター

ダイビングの合間に漂流ウオーキング。360度、白銀の大パノラマ体験

ダイビングの合間に漂流ウオーキング。360度、白銀の大パノラマ体験

装備が大変そうな気がしていたけど…

水温がマイナスになる海。
当然、それなりの装備がいる。

ドライスーツはいつものものでもOKだが、インナーはいつも以上に保温を考えた方がよいだろう。
その他、防寒のポイントは“できるだけ肌の露出をしないようにする”こと。

通常の3ミリフードで潜ったが、顔の周りはやはり凍てつくように冷たい。
フルフェイスだとよいかもしれない。

グローブは、多くのガイドがミトン型を使っていて好評だった。

レギュレーターは、通常のものでも潜れるが、かなりフローをする可能性が高くなる。
なので、寒冷地専門のレギュレーターがおススメだ。
確かに装備は大変だが、最近のドライスーツやインナーは良く、通常の冬のダイビングより少し大げさになった程度に感じた。

※流氷ダイビングでの取材陣の装備については、こちらのヘッドライン記事もご覧ください。

ダイバーなら一度は経験したいスタイル

流氷の下はどんな感じなのか想像もつかなかったが、実際に潜ってみて、流氷でしか見られない幻想的なシーンやクリオネなど、ダイバーなら一度は潜ってほしいダイビングスタイルだ。

氷の下にいるダイバーを上から撮った写真。氷遊びは続く…

氷の下にいるダイバーを上から撮った写真。氷遊びは続く…

他のダイバーたちも、「一度、潜ってみたかった」「クリオネに会ってみたかった」「恒例行事として毎年1回は潜っています」と、ある意味、イベントといった位置づけで、経験値を広げるという意味でも、ダイバー人生の中のイベントとしてオススメ。
きっと、スキルや自信など、ダイバーとしてレベルをひとつ上げてくれるはず。

また、陸上では単純に、童心に戻って氷遊びではしゃぐのも楽しい体験だ。 

雪にシロップをかけた天然のかき氷は食べ放題!

雪にシロップをかけた天然のかき氷は食べ放題!

ハードなイメージがあったけど…

確かに、気温が氷点下、水温がマイナス1度を切る過酷な環境でイージーではない。
しかし、プロレベルでないと潜れないかといえば、そんなこともない。
ドライスーツで問題なく潜ることができ、スキルもしっかり“自分のことが自分でできるダイバー”ならOK。

防寒対策をしっかり行えば、水中での寒さは冬の本州を潜る程度に感じる。
ただ、陸上に上がってからが寒いので、陸上での防寒対策も忘れずに。
あとは、安全対策をしっかり事前にシミュレーショができれば、楽しむだけ!

流氷ダイビングで会いたい生物といえば、もちろんクリオネ

流氷ダイビングで会いたい生物といえば、もちろんクリオネ

流氷ダイビングの心得

これはもう、ブリーフィングとシミュレーションに尽きる。
命綱をつけて潜るダイビング、とにかく事前に潜り方をしっかり把握し、頭の中でイメージしておくことが大事。
いつものようにサクッと潜るわけにはいかない。

また、事前に流氷について調べておくと、より流氷ダイビングを楽しめるだろう。

Special Thanks

Avii Wave(アビイウェーブ)
http://www.aviiwave.com/

若き代表・西村伸人さんは北海道の海ならお任せの道産子ガイド。
特にトドの海で修業を積んだ経験を活かし毎年トドツアーを開催している。
その他、きめ細かいケアに定評のある(ケーキ作りと料理が得意♪)矢野達也さん、撮影のことならお任せの大川拓哉さんなど、どんなダイビングスタイル、講習にも対応できる布陣で完全サポート。

積丹半島を中心に潜っているが、流氷ダイビングや前回紹介したトド・ダイビングのほか、淡水ダイビングの支笏湖などなど、札幌拠点に北海道を広く潜っている。

北海道ダイバーはもちろん、一度北海道を潜ってみたいと思っている北海道以外のダイバーも、札幌の観光やグルメも楽しみたいならオススメ。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-26
tel:011-788-9832
support@aviiwave.com

Information

商船三井フェリー

北海道へのダイビングツアー、カーフェリーがおすすめ!
さんふらわあ号によるカーフェリーがおすすめな理由は…

・エアと比べてもリーズナブルな料金
・ダイビング器材とカメラ機材の持ち運び
・レストランやラウンジのほか、展望浴場、ゲームセンター、マリンシアターと充実の施設
・“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士の賑やかな移動

オーシャナ×アビイウェーブ トド&流氷&グルメ、北海道いいとこ取りツアー

2014年2月、取材班がリサーチしたトドと知床の海を中心に、北海道のグルメ、流氷を見ながらの温泉、観光スポットまで、一挙に楽しんでしまおうと欲張りなツアーを企画しました。
トドだけ、流氷とクリオネだけの途中参加も可能なので、この機会に、ダイバー目線で北海道のいいとこ取りしましょう!

トド&流氷&グルメ!北海道いいとこ取りツアー | オーシャナ

夏の北海道を潜る オーシャナ・スペシャルプラン

日本一の透明度を誇る支笏湖やウニのおいしい季節の積丹半島を潜るスペシャルプラン。
本州ダイバーも北海道を旅しながら、ぶらりとダイビングも楽しめるお得なプランだ。

支笏湖のプランはこちらのPDFをご覧ください。
積丹半島のプランはこちらのPDFをご覧ください。

ページトップへ