ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kinkowan / 錦江湾

ワイドで魅せる錦江湾の魅力

桜島のお膝元を潜る!

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Scuba Diving Shop SB
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201903_kinkowan_325_226

雄大な桜島を抱く錦江湾へ。

ムチカラマツの森(撮影:越智隆治)

ムチカラマツの森と表現してもいいくらいに群生している

シコロサンゴ サンゴイソギンチャク(撮影:越智隆治)

シコロサンゴの周囲を取り囲むように群生するサンゴイソギンチャク

桜島を取り囲む鹿児島湾は、錦江湾とも呼ばれる。火山の大噴火によってできたカルデラ湾で、その中央に鹿児島県を象徴する桜島を頂く、雄大な風景が広がっている。まだ活火山である火山島の麓には約5000人の人々が生活し、錦江湾を挟んだ対岸には、人口60万人都市の鹿児島市がある。

これだけ活発に活動を続ける火山の麓に平然と人々が住む光景は、世界的にも珍しいといえるだろう。稀有というか……命知らず? と言ってもいいくらいの環境だ。取材時にも1日1回は噴火をしていて、時折「どど~ん!」という爆発音が聞こえてくるのだが、それもここに住む人々にとっては、日常茶飯事の聞き慣れた音でしかないのだろうか。「風向きによっては、噴火で飛ばされてきた火山灰が市内に積もって掃除が大変なんです」と笑いながら話すのは、地元ダイビングショップSBエスビー のオーナーガイド、松田康司さん。迷惑、と言いながらも、どことなくうれしそうだ。

それだけ桜島は、鹿児島に住む人々にとって、自慢できる大きな存在なんだと感じる。確かに、鹿児島に来た際に桜島の山頂が雲に覆われて姿が見えないと、なんだかとても損をしてしまったような気持ちになるから不思議だ。

それでは、その桜島を取り巻く錦江湾はどうなんだろう?

今回の取材の目的は、もちろん桜島ではなくて、その周囲を取り巻く錦江湾で潜ることだ。「錦江湾の海水がすべて入れ替わるのには、30年かかると言われています」という松田さんの説明が、やたら脳裏に焼き付いて離れない。この海は、生物たちにとって、栄養がぎっしりつまったスープでもあるのだという。反面、閉ざされた閉鎖的内湾であるため、一度ダメージを与えると回復に気の遠くなるような時間を要する繊細な環境だ。

 いったい、どんな不可思議な世界が広がっているのだろうか。そして、溶岩によって形作られた海底環境は……? 特異な環境の海に興味は尽きない。

溶岩の海岸からエントリーするダイビング

溶岩の海岸からエントリーするダイビング

婚姻色のアカオビハナダイ(オス)(撮影:越智隆治)

暗い海中でライトを当てると、婚姻色のアカオビハナダイ(オス)の体色が際立つ

Special Thanks

kinkowan-ochi-201902-17-sp
Scuba Diving Shop SB
http://sb-diving.sakura.ne.jp

〒891-0144 鹿児島市下福元町7641 10:00 ~ 19:00 (休)毎週火曜日(夏季7~9月無休)
Tel.& Fax.099-262-5838 bucubucuclub@yahoo.co.jp
http://sb-diving.sakura.ne.jp

今では、あまり潜られない錦江湾をメインにガイドする、数少ないダイビングサービス。しかも、錦江湾と外洋の南薩摩、鹿児島の両方のダイビングスポットに、自社ボートを所有している唯一のサービスだ。

オーナーの松田康司さんは、ガイド会に所属。錦江湾でのダイビングに強いこだわりを持ち、日々、錦江湾の魅力を発信し続けている。奥さんの環さんの物怖じしない、天真爛漫(!?)なキャラもゲストには大ウケ。その勢いに、こちらがたじろぐこともしばしば。

スタッフの射手園さんは、超天然。マイワールドが強すぎて、時に人と会話しているのか、黄泉の世界から来た人と会話しているのか、わからなくなることも多し。

2隻の自社ボートを操船するのは、松田さんのお父さんの松田俊一さん。法律方面の意外な経歴に、ちょっと驚かされると同時に、姿勢が正される。

ページトップへ