ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kinkowan / 錦江湾

ワイドで魅せる錦江湾の魅力

桜島のお膝元を潜る!

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Scuba Diving Shop SB
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201903_kinkowan_325_226

個性的な水中景観の虜に。

溶岩に付着するムチカラマツの群生

クマソ根の水深20m付近の海底環境。溶岩に付着するムチカラマツの群生

カラフルなイソバナの群生地

群生水深30m以深に見られる、カラフルなイソバナの群生地

最初に潜りに来る前の印象は、暗く、透視度が悪く、マクロが中心のダイビングスタイルと当然思っていた。
今から10数年前のことになるが、この錦江湾をダイバーたちに“全国区”と知らしめた立役者が、当時ガイド会に所属していた出羽慎一さんだ。潜りに行ったことはなかったが、本人のお名前と錦江湾という聞きなれない湾の名前、そして、稀有なマクロ生物たちの写真は、以来忘れることなく、僕の記憶の片隅に残っている。それと同時に、大物海洋生物をテーマに撮影をしている自分には、きっと一生縁のない海だと思っていた。

それが今、この海のことをおもしろいと感じている。しかも、マクロじゃなくて、ワイドがメチャクチャ個性的ときた。

初めてSBに取材で訪れたとき、正直、錦江湾の右も左も分からない状態だった。

ショップの中に招き入れられて、店内を見回すと、オーナーの松田さんが撮影した錦江湾の写真や、南薩摩の海の写真が目についた。その中でも僕の琴線を刺激したのは、緑色の雲海に埋め尽くされたかのような海中に太陽の光が差し込む写真だった。何なんだ、この見慣れない新鮮で神々しい光景は! と心の中で思わずそう叫んでいた。即座に「これは何ですか?」と松田さんに尋ねると、「これは、シオミドロが繁殖している錦江湾の海中景観です。2月くらいに見られるんですよ」。

繁茂するシオミドロに木漏れ日が差し込む(撮影=松田康司)

繁茂するシオミドロに木漏れ日が差し込む(撮影=松田康司)

さらに、「その隣のクラゲと街の夜景の半水面写真は?」と問うと、「これはタコクラゲで、8月くらいに増殖するので、こんな写真が撮れます」。そして、「このアカオビハナダイのすっごい群れは?」「これは、1年中撮れますけど、ベストは10月くらいですかね~」と松田さん。

普段見慣れないワイド写真に触発されて、ふつふつと錦江湾への興味が湧き、ワクワクしてきた。確かに透明度は悪いのかもしれないけれど、ワイドが楽しめない海じゃない。いや、もっともっと、新鮮で斬新なワイド撮影ができそうな海なんじゃないか。そう思って提案したのが“ワイドで魅せる錦江湾の魅力”だ。

増殖したタコクラゲと鹿児島の街を絡めたナイトの半水面(撮影=松田康司)

増殖したタコクラゲと鹿児島の街を絡めたナイトの半水面(撮影=松田康司)

Special Thanks

kinkowan-ochi-201902-17-sp
Scuba Diving Shop SB
http://sb-diving.sakura.ne.jp

〒891-0144 鹿児島市下福元町7641 10:00 ~ 19:00 (休)毎週火曜日(夏季7~9月無休)
Tel.& Fax.099-262-5838 bucubucuclub@yahoo.co.jp
http://sb-diving.sakura.ne.jp

今では、あまり潜られない錦江湾をメインにガイドする、数少ないダイビングサービス。しかも、錦江湾と外洋の南薩摩、鹿児島の両方のダイビングスポットに、自社ボートを所有している唯一のサービスだ。

オーナーの松田康司さんは、ガイド会に所属。錦江湾でのダイビングに強いこだわりを持ち、日々、錦江湾の魅力を発信し続けている。奥さんの環さんの物怖じしない、天真爛漫(!?)なキャラもゲストには大ウケ。その勢いに、こちらがたじろぐこともしばしば。

スタッフの射手園さんは、超天然。マイワールドが強すぎて、時に人と会話しているのか、黄泉の世界から来た人と会話しているのか、わからなくなることも多し。

2隻の自社ボートを操船するのは、松田さんのお父さんの松田俊一さん。法律方面の意外な経歴に、ちょっと驚かされると同時に、姿勢が正される。

ページトップへ