ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kinkowan / 錦江湾

ワイドで魅せる錦江湾の魅力

桜島のお膝元を潜る!

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Scuba Diving Shop SB
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201903_kinkowan_325_226

深度で変わる「クマソ根」の顔。

水深5mには、ソフトコーラルの群生地が広がる

水深5mには、ソフトコーラルの群生地が広がる

単発のロケでは、錦江湾の四季折々の海中景観を撮影することはできなかったのだけれど、潜っていて驚いたのが「クマソ根」だ。最初は、伊豆の春濁りみたいな透明度に、ワイド撮影大丈夫かなと思いながらエントリー。ガイドの松田さんの黄色いフィンを目印に潜降していく。

まずたどり着いたのが、船を固定するアンカーがかかっている、水深15mほどのスロープ部分。そこには、紫色をしたアカヤギの群生地がある。そこから深度をゆっくりと落としていくと、水深20m 付近には、白やオレンジ、淡いピンクなどのウミトサカが群生していて、また違った景観を見せてくれる。

錦江湾の海中の顔であるアカオビハナダイは、水深5mより浅いエリアから、至るところで見ることができる。ただ、水深25m付近にある「クマソ根」のメインエリアには、あふれんばかりのアカオビハナダイたちが乱舞していて、潮の流れによっては、根を覆い尽くす。透明度の悪い緑の海中では、あまりはっきりしないのだけれど、ストロボを発光した写真は本当に美しい。真っ赤なアカオビハナダイの乱舞のバックに、この不思議な緑色も悪くない。

そして、さらに深度を落とした35m付近には、カラフルな色彩をしたイソバナが群生している。小さめで、色とりどりで、周囲も暗めだから、とても映える写真が撮影できる。

撮影に夢中になって、深く潜りすぎたため、ゆっくり浮上。浅瀬で安全停止をしながら周囲を伺うと、水深5~10m付近には、これまたカラフルなソフトコーラル畑。その上、水深3mから水面付近には、キビナゴの大群が、太陽の光を体に浴びてキラキラと光を反射させながら、すごい勢いで泳ぎ去って行く。

水面下をキビナゴの群れが通過していく

水面下をキビナゴの群れが通過していく

四季だけでなく、この「クマソ根」では、水深のちょっとした違いによって、とてもバリエーションに富んだ表情を見せてくれる。他のポイントにも潜りたいのだけれど、正直、ベストコンディションの「クマソ根」を見せられると、ワイド撮影が楽しくて何本も潜りたくなってしまった。

透明度の高い海でも、これほど、1ダイブでバリエーションに富んだワイド撮影ができるポイントは、なかなか記憶に上がってこない。もちろん、今までと違う景観がおもしろいから、というのも確かにあると思う。でも正直なところ、ワイドなら「このポイントに何日間か潜り続けてもいいかな」とさえ思えるポイントだった。
特に、アカオビハナダイの乱舞シーンは、2018年に撮影した、僕のお気に入りの写真の一点になった。

水深15mは紫色をしたアカヤギの群生地

水深15mは紫色をしたアカヤギの群生地

Special Thanks

kinkowan-ochi-201902-17-sp
Scuba Diving Shop SB
http://sb-diving.sakura.ne.jp

〒891-0144 鹿児島市下福元町7641 10:00 ~ 19:00 (休)毎週火曜日(夏季7~9月無休)
Tel.& Fax.099-262-5838 bucubucuclub@yahoo.co.jp
http://sb-diving.sakura.ne.jp

今では、あまり潜られない錦江湾をメインにガイドする、数少ないダイビングサービス。しかも、錦江湾と外洋の南薩摩、鹿児島の両方のダイビングスポットに、自社ボートを所有している唯一のサービスだ。

オーナーの松田康司さんは、ガイド会に所属。錦江湾でのダイビングに強いこだわりを持ち、日々、錦江湾の魅力を発信し続けている。奥さんの環さんの物怖じしない、天真爛漫(!?)なキャラもゲストには大ウケ。その勢いに、こちらがたじろぐこともしばしば。

スタッフの射手園さんは、超天然。マイワールドが強すぎて、時に人と会話しているのか、黄泉の世界から来た人と会話しているのか、わからなくなることも多し。

2隻の自社ボートを操船するのは、松田さんのお父さんの松田俊一さん。法律方面の意外な経歴に、ちょっと驚かされると同時に、姿勢が正される。

ページトップへ