ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kinkowan / 錦江湾

ワイドで魅せる錦江湾の魅力

桜島のお膝元を潜る!

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Scuba Diving Shop SB
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201903_kinkowan_325_226

Kinkowan / 錦江湾

ワイドで魅せる錦江湾の魅力

桜島のお膝元を潜る!

Photo
Takaji Ochi
Special Thanks
Scuba Diving Shop SB
Edit
Harumi Yamamoto
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る
201903_kinkowan_325_226

愛らしい「さくらんぼう」と出会う。

サクランボウ=ネジリンボウ。錦江湾の海中のアイドル

サクランボウ=ネジリンボウ。錦江湾の海中のアイドル

前述の通り錦江湾は、先人の開拓によって、多くの珍しいマクロ生物が確認されている。今回はワイドメインだったために、あまりマクロ撮影は行わなかったので、紹介できる生物が少ないが、アカオビハナダイ同様に、この海のアイドル的なハゼを紹介しよう。

日本では、どこでも見られるネジリンボウ。だけれど、この個体数が半端ない。桜島周辺には、いざ噴火したときに船を寄せる、避難港がある。その中の第五避難港の周辺には、水深5m程度からネジリンボウのコロニーがあり、右にも左にも、前にも後ろにもネジリンボウという状況になることも。

しかし、このネジリンボウ、通常の個体と比較すると、かなり体色が違う。黒みがかっていて、顔の部分や胴体はピンクを帯びている。そんなことから、「さくらんぼう」と呼称がついていて、観察も撮影もしやすいことから、錦江湾を潜る多くのダイバーから愛されている。

サクランボウの個体数の多さを表現してみた

サクランボウの個体数の多さを表現してみた

今回は、ワイドの紹介が中心なので、他のマクロ生物については、また機会があればご紹介したい。ワイドだけでも絶対楽しめる錦江湾、ぜひ、チャレンジしてみて欲しい。

鹿児島市街地をバックに噴煙を上げる桜島。こうしてみると本当に近い

鹿児島市街地をバックに噴煙を上げる桜島。こうしてみると本当に近い

DIVING SERVICE

桜島をバックにSB のスタッフ集合写真

桜島をバックにSB のスタッフ集合写真

南薩摩での自社ボート、パール号

南薩摩での自社ボート、パール号

Scuba Diving Shop SB

〒891-0144 鹿児島市下福元町7641 10:00~19:00 (休)毎週火曜日(夏季7~9月無休)
Tel.& Fax.099-262-5838 bucubucuclub@yahoo.co.jp
http://sb-diving.sakura.ne.jp

今では、あまり潜られない錦江湾をメインにガイドする、数少ないダイビングサービス。しかも、錦江湾と外洋の南薩摩、鹿児島の両方のダイビングスポットに、自社ボートを所有している唯一のサービスだ。

オーナーの松田康司さんは、ガイド会に所属。錦江湾でのダイビングに強いこだわりを持ち、日々、錦江湾の魅力を発信し続けている。奥さんの環さんの物怖じしない、天真爛漫(!?)なキャラもゲストには大ウケ。その勢いに、こちらがたじろぐこともしばしば。

スタッフの射手園さんは、超天然。マイワールドが強すぎて、時に人と会話しているのか、黄泉の世界から来た人と会話しているのか、わからなくなることも多し。

2隻の自社ボートを操船するのは、松田さんのお父さんの松田俊一さん。法律方面の意外な経歴に、ちょっと驚かされると同時に、姿勢が正される。

Special Thanks

kinkowan-ochi-201902-17-sp
Scuba Diving Shop SB
http://sb-diving.sakura.ne.jp

〒891-0144 鹿児島市下福元町7641 10:00 ~ 19:00 (休)毎週火曜日(夏季7~9月無休)
Tel.& Fax.099-262-5838 bucubucuclub@yahoo.co.jp
http://sb-diving.sakura.ne.jp

今では、あまり潜られない錦江湾をメインにガイドする、数少ないダイビングサービス。しかも、錦江湾と外洋の南薩摩、鹿児島の両方のダイビングスポットに、自社ボートを所有している唯一のサービスだ。

オーナーの松田康司さんは、ガイド会に所属。錦江湾でのダイビングに強いこだわりを持ち、日々、錦江湾の魅力を発信し続けている。奥さんの環さんの物怖じしない、天真爛漫(!?)なキャラもゲストには大ウケ。その勢いに、こちらがたじろぐこともしばしば。

スタッフの射手園さんは、超天然。マイワールドが強すぎて、時に人と会話しているのか、黄泉の世界から来た人と会話しているのか、わからなくなることも多し。

2隻の自社ボートを操船するのは、松田さんのお父さんの松田俊一さん。法律方面の意外な経歴に、ちょっと驚かされると同時に、姿勢が正される。

ページトップへ