企画特集FEATURE

ダイビングの始め方・決定版!閲覧無制限

カテゴリ:知る

Cカード取得までの流れ(例)

「Cカードを取りたい」と思ったらまずやること

ここでは、「ダイビングを始めたい」「Cカードを取得したい」と思ったときに、じゃあ具体的にどうすればいいか、どういった流れになるのかをご説明します。

このサイトをご覧になっている方は、すでにいくつかのページを読まれていると思います。
まずはここでいろいろと知識を得ることをおすすめします(笑)

そうやって知識を身につけたら、以下の順番で進めてみましょう。

都市型ショップでとるか現地サービスでとるかを決めましょう

Cカードを取るにあたって、自分には都市型ダイビングショップで取るのが向いているのか、現地ダイビングサービスで取るのが向いているのかを考えてみましょう。
Cカードを取った後に通いやすいかどうかも考慮してみてください。
そのあたりのお話は、Cカードを取得するにはでも書いています。

普段の行動範囲内に都市型ダイビングショップがあれば、そこを訪ねてみるのもいいでしょう(気軽にお店に行けることは大きなメリットの一つです)。
また、沖縄などに旅行する予定があるのでしたら、その旅行中に講習を受けられる現地ダイビングサービスを探してみるのもいいでしょう。

都市型ダイビングショップでCカードを取得する場合

都市型ダイビングショップでCカードを取得する場合、一般的に以下のような流れになります(一例ですので、ショップ・インストラクターによって異なる場合もあります)。

1.ショップを探す
まずインターネットやダイビングをしている知り合いなどから、ダイビングショップに関する情報を集めましょう。
近くのお店なら、普段の行動範囲内にダイビングショップがあればそこも候補になるでしょうし、インターネットでも「ダイビング ○○○(地元の地名)」などのキーワードで検索してみましょう。
なお、インターネット検索結果の上位にくることはCカード取得講習の内容の善し悪しと必ずしも直結はしませんので、なるべくいろんなショップを調べてみてください。
当サイトでも、探しやすい都市型ダイビングショップ情報を掲載することを予定しています。

2.ショップで話を聞く
気になったショップに電話やメールをしてコンタクトを取り、実際に足を運んでみましょう。
講習を受けると決める前にショップに行ってやりとりができることは、都市型ダイビングショップのメリットの一つです。
ダイビングのこと、そのお店のこと、スタッフのこと、疑問や質問があったら、ここでなんでも聞いておきましょう。

3.Cカード取得講習を受けることを決める
そのショップに任せて安心だと感じたら、Cカードを取る講習の申し込みをします。
この申し込みには、健康状態や病歴などを含めたチェックが含まれます。
ショップによっては、ここで会員登録をしなければいけない場合もあります。
その際は、「会員になったらどのような特典があるのか」「それにかかる費用はどれぐらいなのか」をしっかり確認するようにしましょう。

4.学科講習を受ける
まずは学科の講習で、ダイビングのしくみ・ルール・注意すべきことなどを勉強します。
平日の夜や土日などの休日を利用して、講習を進めていきます。
かける時間はショップ・インストラクターによって異なりますが、だいたい2、3時間を2回もしくは3回に分けて行うところが多いです。
ここでしっかりとした知識を身につけましょう(学科講習の最後には簡単なテストもあります)。

5.プール講習を受ける
学科講習を終えてから、あるいは学科講習と並行して、プールでの講習を行います。
学科講習と同じように、平日の夜や土日などの休日を利用して、講習を進めていきます。
自社でプールをもっているショップもあれば、他のショップのプール施設を借りて使用するショップもあります。
ダイビング器材をつけての講習の前に、まずシュノーケリングで水に慣れる講習を行うところも多いです。
プール講習にかける時間は様々で、2、3時間ですませるショップもあれば、プール講習は無制限というショップもあります。
プールでスキルをしっかりトレーニングしておくことは、海洋実習での不安や緊張を減らしてくれることにつながるでしょう。

6.海洋実習に行く
いよいよ近場の海(例えば東京からだと伊豆半島など)に行き、そこで講習を行います。
1泊2日のツアー形式で行われることが多いです。2日続けて仕事を休むのが難しい方には、1日ずつに分けた日帰りツアーを2回開催してくれるショップもあります。
プールでトレーニングしたことを、実際に海の中で確認していきます。
なお、このときに講習を担当するのは、現地のダイビングサービスのインストラクターではなく、ツアーを行う都市型ダイビングショップのインストラクターです。

7.Cカード取得!
学科のテストも海洋実習もクリアできたら、晴れてCカード取得となります。
お店に戻ってから、指導団体が出しているCカード発行申込書に記入し、約1週間後にCカードが届きます。

現地ダイビングサービスでCカードを取得する場合

現地ダイビングサービスでCカードを取得する場合、一般的に以下のような流れになります(一例ですので、サービス・インストラクターによって異なる場合もあります)。

1.サービスを探す
まずインターネットやダイビングをしている知り合いなどから、現地のダイビングサービスに関する情報を集めましょう。
旅行する先が決まっているなら、その場所から「ダイビング ○○○(旅行先の地名)」などのキーワードで検索することができますし、Cカード取得を目的にした旅行なら、気になるダイビングサービスの場所から旅行先を決めるのもいいでしょう。
沖縄など南の島でのCカード取得コースは、ダイビングサービスと旅行会社と組んでツアーになっているケースも多いです。
当サイトでも、探しやすい現地ダイビングサービス情報を掲載することを予定しています。

2.サービスに連絡をする
気になったダイビングサービスに電話やメールをしてコンタクトを取ってみましょう。
都市型ショップと違って事前にお店に行くことがなかなか難しいので、ここでの対応をよりしっかりと確認してみてください。
ダイビングのこと・そのお店のことだけでなく、現地でのお店への行き方なども含めて、なんでも聞いておきましょう。
地域・サービスによっては、最寄りの駅・空港などへの送迎を行っているところもあります。

3.Cカード取得講習を受けることを決める
そのショップに任せて安心だと感じたら、Cカードを取る講習の申し込みをします。
電話かメールでその旨を伝えましょう。
健康状態や病歴などは、その段階で確認されるケースもあれば、現地のお店に行ってからというケースもあります。
現地サービスでも、都市型ショップと同じように会員登録をしなければいけないこともあります。
単にダイビングサービス側でお客さんの管理をしやすいようにという場合が多いですが、もしも費用がかかる場合は、それに含まれる費目・特典などを確認するようにしましょう。
また、ここで学科・プール講習と海洋実習のスケジュールも確認しておきましょう。
1日中講習を行うところもあれば、長期滞在の場合は半日ずつなどにできるところもあります。
ダイビング(Cカード講習)のスケジュールが決まれば、現地での他の遊びの予定も立てやすいでしょう(ただし、海況によっては予定が変更される場合があります)。

4.学科講習を受ける
まずは学科の講習で、ダイビングのしくみ・ルール・注意すべきことなどを勉強します。
学科講習にかかる時間は都市型ショップと同じですので、だいたい3、4時間を1日もしくは2日に分けて行うところが多いです。
ここでしっかりとした知識を身につけましょう(学科講習の最後には簡単なテストもあります)。

5.プール講習を受ける
学科講習を終えてから、あるいは学科講習と並行して、プールでの講習を行います。
自社でプールをもっているサービスもあれば、他のサービスのプール施設を借りて使用するサービスもあります。
ただ、現地サービスの中には、プールではなく、浅くて穏やかな海で講習を行っているお店もあります。
ダイビング器材をつけての講習の前に、まずシュノーケリングで水に慣れる講習を行うところも多いです。
プール講習にかける時間は様々で、2、3時間ですませるサービスもあれば、プール講習は無制限というサービスもあります。
プールでスキルをしっかりトレーニングしておくことは、海洋実習での不安も少なくなり、より講習を楽しめることにつながります。

6.海洋実習を行う
プール講習でトレーニングしたことを、海の中で行います。
もちろん、海ですぐに講習が行えることは、現地サービスのメリットの一つです。
なお、プール講習を行っていないサービスの場合は、プール講習と海洋実習の境目がやや曖昧になることもあるかもしれません。

7.Cカード取得!
学科のテストも海洋実習もクリアできたら、晴れてCカード取得となります。
お店で、指導団体が出しているCカード発行申込書に記入し、約1週間後にCカードが届きます。
Cカードの受け取りは、次回にそのお店に行った時に受け取るか、もしくは郵送となります。

以上がCカードを取得する際の主な流れですが、ダイビングはCカードを取得すればそこで終わりではありません。
むしろそこがスタートとなって、みなさんそれぞれのダイビングライフが始まります。
Cカードを取得した後に、本当の楽しさが待っているのです。

ページトップへ