企画特集FEATURE

ダイビングの始め方・決定版!閲覧無制限

カテゴリ:知る

Cカード取得にかかる料金・価格

どこまでが含まれている料金なのかをチェックしましょう

Cカード取得にかかる料金・価格は、それぞれのダイビングショップ・ダイビングサービスによってだいぶ差のあるものになっています。

ホームページなどで表示されている価格は、「どこまでの費用が含まれているか」というのが、お店によってかなり違います。
含まれているものが違うのに「Cカード取得料金=○○,○○○円!」という(アバウトな)表記をしているために、誤解が生まれやすい状態になっている、とも言うことができます。

それを見極め・判断するには、やはり「その料金でどこまでが含まれるのか」を確認するのが一番です。
また、しっかりとしたお店は、ホームページ上でもその料金の内訳を明示していたりもします。

含まれることが多い講習費用としては、以下のような項目があります(あくまで参考です)。

講習費
教材・テキスト費
講習時のプール使用料
タンクレンタル料
器材レンタル料
海での講習時の交通費
海での講習時の宿泊費
海での講習時の食費
海での講習時のダイビング施設使用料
海での講習時の入海料
保険料
Cカード申請費

ダイビングショップ・ダイビングサービスによってどこまで含まれるかはバラバラですし、ここに書いていない費用がかかる場合もあります。
「その価格でどこまでが含まれるか」を確認しておきましょう。
ある程度確認したら、「合計で○○円ですね。それ以外にかかる料金はありますか?」と尋ねてみましょう。

安すぎるショップは逆に注意

Cカード取得費用としては、一般的には¥40,000〜¥90,000ぐらいと書いているお店が多いです。
これだけでもだいぶ幅がありますよね。
どこまでの費用が含まれているかによって料金が違いますので、あくまでも参考としての数字と思ってください。

また、「激安でCカードが取れます」と言っておきながら、あとでそれ以外の追加費用として高額な請求をされるという被害もおきています(もちろん、安いショップがすべて悪い、というわけではありません)。
そうした行き違いを避けるためにも、価格とそこに含まれる内容は最初にチェックしておきましょう(次の激安・格安のCカード講習についてを参考にしてください) 。

価格だけを基準にしない

Cカードを取得するにはにも書きましたが、ダイビングを始めるにあたって大切なのは、「講習を通じてしっかりとした知識とスキルを身につけること」です。そのためには、価格だけを見るのではなく、そのショップが「しっかりとした講習をしてくれるかどうか」を検討するようにしてください。

例えば、みなさんが講習やスキルのことでちょっと質問しただけでも、熱意や情熱をもっていろいろと話してくれるショップ・インストラクターは、そうした意識が高いと言えるでしょう。
そうした部分は、ショップのホームページにも表れる部分ではありますが、一番確実なのは実際に会って話を聞いてみることです。

価格だけでみれば、大規模なお店でお客さんをたくさん呼べるところは価格を下げられるでしょうし、小規模なお店でお客さんもそれほど多くないところは格安の料金になかなかできません(それは他の業種でも同じですね)。
ただ、お店の規模とは関係なしに、しっかりしたショップ(インストラクター)はしっかりした講習を行っています。

Cカードを取得することは、ゴールではなくスタートです。
そこからずっと続く今後のダイビングライフを考えれば、最初にしっかりした講習を受けることがなによりの投資になるのです。

ページトップへ