ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Manado / メナド

世界中のダイバーが集うメナド

Indonesia Menado

Photo&Text
Ryo Minemizu, Yoko
Special Thanks
U Tour Service, Tasik Ria Resort, Kungkungan Bay Resort, Eco Divers, Siladen Reost & Spa, Walea Dive Center Resort
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200505_menado_cover

Manado / メナド

世界中のダイバーが集うメナド

Indonesia Menado

Photo&Text
Ryo Minemizu, Yoko
Special Thanks
U Tour Service, Tasik Ria Resort, Kungkungan Bay Resort, Eco Divers, Siladen Reost & Spa, Walea Dive Center Resort
HTML WEB MAGAZINEを見る
200505_menado_cover

世界中のダイバーが集うメナド

日本からシンガポール経由でひとっ飛び、インドネシア・スラウェシ州北部のメナド周辺の海は、ドロップオフを飾る美しいサンゴ礁が有名なブナケン国立公園、沈船やブナケンエリアとはまた一味違ったマクロウオッチングが出来るメナド市南北エリア、バンガイカーディナルフィッシュやヘアリーフロッグフィッシュなどをはじめ、多彩で個性ある生物層に魅せられるレンベ海峡など、ダイビングのバリエーションが豊富。世界中のダイバーが集うメナドと、その周辺海域の海の魅力について、快適なリゾートライフと共にご紹介します。

世界中のダイバーが集うメナド

メナドの壮大なドロップオフとその魅力

私がはじめて世界中のダイバーが集うメナドメナドの海に潜ったのは今から12年ほど前、当時はメナドの海がようやく注目されてきた頃で、今ほどダイビングサービスも多くなく、半ば手探り状態で行ったメナドの地で、初めて海の中を見た時のあの感動は今でも忘れられない。メナドのダイビングポイントの中で、もっとも有名なのがブナケン島を中心とするブナケン国立公園エリア。このブナケン国立公園には、ブナケン島の他、シラデン島、メナドトゥア島、マンテハゲ島、ナイン島からなる大小5つの島があり、いずれの島も1600mから立ち上がるドロップ オフとなっている。これらの島の魅力の一つは、なんと言ってもそのドロップオフのダイナミックさにある。島の縁は浅いサンゴのリーフになっていて、そこから一歩踏み出すと、急激に落ち込んだひたすら碧い景色が広がっていて圧倒される。その碧の中を悠々と泳ぐイソマグロや何かのリズムに乗っているかのように突然現れるタカサゴの群れなど、魚影も濃くて、魚たちが活き活きとしている様子はこの海の魅力の一つと言える。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

05manado_pic09
エコダイバーズ

日本人スタッフの鈴木大介さんは、18歳の時に始めてスラウェシに来て真珠養殖の仕事をしたのがきっかけで、以後メナドの海の魅力や人々に引かれて、この地で仕事をするようになったそうだ。メナドは第2次大戦中から日本との関係が深かったそうで、地元のお爺さん達と話すと、戦時中の日本人がとても親切に接したことは今でも語り継がれているという。その話を聞くと、自分が日本人であることが誇りに思えるし、日本人として恥ずかしくないように生きていこうと思うと鈴木さんは語ってくれた。鈴木さんにメナドの海の魅力について聞いてみる。ブナケンのダイナミックなドロップオフと透明度の良さ、何が出るか判らない意外性、ドリフトやレック・ワイド・マクロとバリエーションが多く、どんなお客さんにも対応できるメナドの海の懐の深さが大好きです!これからもずっとメナドでやっていきたい!と豊富を述べてくれた。鈴木さんのモットーは、カメラを持っているお客さんにはフィルムを余らせない。距離を泳ぎ回らない。来るお客さんには海も陸も満足してもらいたいとのこと、どんな事にも嫌な顔一つ見せずに努力する彼の姿に惹かれる人も多いだろう。今後の彼の活躍に期待したい。

ページトップへ