ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Moldives / モルディブ

モルディブ最北端の海

HAA ALIF ATOLLに潜る!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
Island Hideaway Dhonakulhi, Maldives Spa Resort and Marina / Meridis Dive & Relax / World Tour Plannners
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200707_maldives_north_cover

HAA ALIF ATOLLに潜る!

2年前、モルディブ最北端、ハーアリフ環礁にオープンした、5スターリゾート、アイランド・ハイダウェイ・ドナクリ( Island Hideaway Dhonakulhi. Maldives Spa Resort and Marina)。同環礁初のリゾートでもあり、ダイビングサファリボートさえも今現在一隻も就航していない。周囲の海はこのリゾートに滞在したダイバーのプライベートビーチならぬ、プライベートダイブサイト。5スターリゾートで優雅なリゾートライフを満喫し、「モルディブ」という超メジャーブランドの海にいながら、手つかずの海を独占できる優越感に浸れる。まだまだ、開拓の余地を多いに残した海。しかし、ハウスリーフとなるチャネルでは、ベストシーズンにマンタが100匹以上も群れを作るシーンが目撃されたり、外洋側でザトウクジラが目撃されたなんて話も聞いた。今回はそんなベストシーズン前の事前情報的な取材ではあるが、大いに最北端環礁の海を堪能させてもらった。

モルディブ・リゾート

通年マンタが見れて、ベストシーズンにはハウスリーフに100匹のマンタが群れる!?

“モルディブ最北端”の環礁ハーアリフ。最北端とか、最南端とかいう言葉に僕は妙に惹かれる。要するにその国の一番端にあるわけなんだけど、それだけで普通では見ることのできない、異色なのもが見れそうな期待感を与えてくれる。実際には、ドナクリ島のある環礁のさらに北に、もう一つ環礁が隣接しているのだが、モルディブでは、各環礁ごとに区切るのではなくて、同じ環礁でも、大きなものは中央で南北に分けて環礁名が付けられ ていたりする。だから、ちょっと僕には奇妙な気がするのだけど、ド ナクリ島のある大きな環礁の北側と、その北にある小さな環礁は、ともに、「ハーアリフ環礁」という同じ呼称で呼ばれている。まあ、そんなことはどうでもいい。実際、北に隣接する環礁も、同島のダイビングポイントとしては、射程圏内に位置しているのだから。そして、そこに点在する、まだまだダイバーの手のほとんど入っていない海に潜るということ。しかも、それが最北端であるということが、僕の冒険心をくすぐった。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

07maldives_pic09
Island Hideaway Dhonakulhi. Maldives Spa Resort and Marina

リゾート開発に手をつけたのは、島の5%。残りの95%は、今ままでの自然をそのままに残してる。プライベートを重視するために、ビラやスパ、レストランは最低30mの間隔を開けて建てられている。

07maldives_pic10
メリディス・ダイビングサービス

マネージャーは、ドイツ人のキースティン・ノルティさんと日本人の奥さんのユウコさんが常駐。二人とも穏やかな 優しい性格で、日本人でも、言葉の心配も無く、安心してダイビングを楽しむことができる。1日2ダイブが基本。毎ダイブごとにリゾートに戻ってくる。午前中は9時30分、午後は14時30分にジェティーを出発する。オプションで早朝ダイブ(5時30分スタート)やナイトダイビングも可能。ダイビングドーニは2隻。定員20名の「ルナ」には、トイレ、水シャワー(3つ)、GPS、フィッシュファインダー装備。サンデッキもある。もう1隻は定員15名、今後シャワーをつ ける予定だが、現在(2007年4月現在)は、トイレ、シャワー無し。GPS装備。サンデッキ有り。タンク本数56本。レンタルギア30着。コンプレッサーは最新式で、ナイトロックスはエクストラチャージ無しで利用可能。

ページトップへ