ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Moldives / モルディブ

モルディブ・ヴァドゥ

進化するダイバーズパラダイス ADAARAN Prestige
VADOO MALDIVES

Photo&Text
鍵井靖章
Design
PanariDesign
Special Thanks
ADAARAN Prestige VADOO MALDIVES , World Tour Planners
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200909_maldives_vadoo_cover

進化するダイバーズパラダイス
ADAARAN Prestige VADOO MALDIVES

ダイバーズアイランドとして多くの日本人ダイバーに親しまれていたヴァドゥアイランド。2009年3月に、5スターのADAARAN Prestige VADOO MALDIVES〈アダーラン プレスティージ ヴァドゥ モルディブ〉となり、ラグジュアリーなブティックリゾートして新しく生まれ変わった。スタイリシュなリゾートライフで癒されながら、インターナショナルになったダイビングパラダイスで最高の海を楽しむ。

モルディブ・ヴァドゥ

ヴァドゥ島に到着してまず驚いたのが島の大きさだった。

一周徒歩で5分モルディブ・ヴァドゥくらいだろうか、想像以上に小さな 島だった。モルディブのリゾート島は大小様々だが、個人的にはこじんまりとしたプライベート感のある島が好きだ。そのほうが、なぜかモルディブらしいような気がするからだ。島にあるのは、レセプション、レ ストラン、お土産屋さん、ダイビングセンター、プールくらいで、他になにもない。全客室はバンガローで、環礁のように弧を描く桟橋沿いに並んでいる。滞在初日に、桟橋を歩いていると沖でイルカが何度もジャンプを繰り返していた。そう言えば、この付近のチャネルにはハシナガイルカが住み着いている、と聞いたことがある。
「イルカの見える島・ヴァドゥアイランド」などと、この取材記事のタイトルを思い浮かべてみたが、これはきっと大袈裟なので即却下した。それでも、それからの数日間、私は、島から、またダイビングの往復で毎日イルカを見る幸運に恵まれた。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

0904maldives_vadoo_pic09
ADAARAN Prestige VADOO MALDIVES

海に向って開かれた大きな窓からは燦々と陽が入り、室内は明るい雰囲気に包まれる。海面に反射した光の集合体が室内の壁や天井に映る。そのキラキラとしたクリスタルの造形が、まるで時計のようにリゾートタイムを刻んでいるよう。海が一望できるプライベートバンガローには、プール、ウォータープルーフベッド、テーブル&チェアーが備えてあり、海渡る風が全身を優しく包む。リゾートでしか感じることのできない至福の瞬間。

リビング&ベッドの裏側には、こちらも広いバスルームがある。印象的なオレンジ色のソファーを中心に、大きなジャグジーバスやシャワー、トイレ、また大型液晶TVも備えてある。床下の一部はガラス張りで海を眺めることもでき、とても涼しげだ。空間の使い方や設備はとても贅沢で、非日常的である。そのために、よりフレッシュした気持ちでリゾートライフを満喫することができるのかしれない。海に浮かぶバンガローで朝日や夕暮れの自然の恵みを感受しつつ、豊かな休日を過ごすことができる。バンガローの数は50棟。そのうち6棟は、畳部屋のあるジャパニーズスタイル。そして、水上茶室&博物館も用意されている。多くの欧米からのゲストにジャパニーズスタイルが支持されている。

ページトップへ