ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Bahamas / バハマ

Dolphin site BAHAMAS – バハマのドルフィンサイト

Let's swim with dolphins! 野生イルカと泳ごう!

Photo&Text
越智 隆治
Design
Sana☆
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
1002bahama_pic01

Let’s swim with dolphins!

 どこまでも続く浅くて青いプールのような海。海底には美しい白砂が広がっている。ドルフィンサイトと呼ばれるこの海域には 究極のフレンドリードルフィンたちが住んでいる。そんな究極のフレンドリードルフィンたちが帰って来た!そんな印象が強かった、2009年のバハマドルフィンクルーズ。
「え?バハマのイルカたちはいつもフレンドリーなんじゃないの?」 と言われそうだけど、とにかく2009年は久しぶりに伝説的なフレンドリードルフィンの再来を思わせる親密ぶりだった。その真相は?

バハマのドルフィンサイト

野生のイルカに触る この海では、
そんなイルカたちとの交流が実存している。

 1998年から毎年4週間〜6週間のスケジュールでドルフィンクルーズ船をチャーターし、バハマのドルフィンサイト(通称)を訪れるようになって、すでに10年以上の歳月が流れた。バハマのドルフィンサイトよく10年以上もチャータークルーズが続けられてきたものだなと感心するのだが、その間には、タイセイヨウマダライルカたちとの様々な出会いがあった。今回は、ドルフィンドリーム号の船長、スコットが長年行ってきた個体識別をもとに名付けられた、歴代のフレンドリードルフィンに関しての話をしていきたいと思う。
 バハマリピーターの人たちは、親愛を込めて「おさわりイルカちゃん」とも呼ぶ、人懐っこいイルカたち。その言葉通り、一緒に泳いでくれるだけでなく、人と接触することを好む(?)野生のイルカたちが出現することがある。「出現することがある」と書いたのは、全てのイルカがそうではないということ。また、同じ個体でも、接触を好む時期やタイミングがあったり、そうでなかったりするので、その見極めは必要になってくる。
 他の船では、触ることを認めていないものもあるだろうし、他の海で「野生のイルカに触る」なんてことは「信じられないこと」かもしれない。しかし、ここの海では、そんなイルカたちとの交流が実存している。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Information

2012年バハマドルフィンクルーズ

ocean+αでは以下のスケジュールで、ボートをチャーターしてのバハマドルフィンスイムを開催します。

●2012年 6月8日(金)出発 – 6月17日(日)帰国
●2012年 6月15日(金)出発 – 6月24日(日)帰国
●2012年 7月6日(金)出発 – 7月15日(日)帰国
●2012年 7月14日(金)出発 – 7月22日(日)帰国

■アクセス方法
日本からアメリカのハブ空港を経由して、フロリダのウエストパームビーチへ。ホテルで1泊後、翌日マリーナから船に乗船し、バハマのグランドバハマ島へ。バハマの出入国手続きを済ませ北上し、ドルフィンサイトへ。

■ドルフィンドリーム号
クルーズ船のゲスト定員は12名。6部屋で2段ベッド。ドアは無く、それぞれの部屋がカーテンで仕切られています。

お申込みやお問合せは、お気軽に info[at]oceana.ne.jp からメールいただくか、お問い合わせフォームからお送りください。
(メールの場合は[at]の部分をアットマークに変えてお送りください)

バハマ・ドルフィンクルーズ 10日間

ページトップへ