ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Thai Tao / タイ、タオ島

摩訶不思議なタオ島の海

摩訶不思議なタオ島の海、
へんてこワールドを満喫!

Photo&Text
鍵井 靖章
Design
PanariDesign
Special Thanks
サムイダイビングサービス たおみせ
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
thai_samui

摩訶不思議なタオ島の海、へんてこワールドを満喫!

マレー半島とインドシナ半島に挟まれたタイ湾は、 外洋からの影響を受けにくい閉鎖的な海域になっている。 日周潮汐も1日に一度しかなく、潮の変化が少ないために、 生き物たちの溜まり場になっている。 そのような理由からか、生息する生き物たちが、他のエリアに比べて、少し様子が可笑しい。 例えば、魚類種はそれほど多くはないが、同種の魚が異常に繁殖していたり、 また個体がかなり大きかったりする。 そのほかにも、大物ポイントでの魚群の大きさや ジンベイザメとの遭遇確率などは、他の海とは明らかに異なる。 今回は、そんなタオ島の摩訶不思議な世界に、ぐっぐっ! と接近して撮影してみた!

タイ・タオ島ダイビング

海中山脈からのハッピーなプレゼント!

3~4月は、アンダマン海もタオ島も海のベストシーズンに当たる。タイ・タオ島ダイビング特にタオ島は晴天が続く日がほとんどで、楽園としての顔を覗かせる。また海中も魚影の濃さは半端ではない。大物ポイントと呼ばれる「チュンポン・ピナクル」「サウスウエスト・ピナクル」「セイルロック」などでは、キンセンフエダイ、ホソヒラアジ、イエローバンド・フュージュラーなどが視界を遮るほど、ごっちゃりと群れている。5月以降になってくると、ヤイトハタやツムブリ、コガネアジなどが捕食を繰り返すためか(?)その群れの規模はどんどん小さくなっていく。海の季節も巡る。
また、この3つの大物ポイントは、海中山脈のような地形も見応えがある。エントリーして俯瞰で眺めると、まるで空を飛びながら、ヨーロッパの山々を見下ろしている気持ちになる。そして深度を下げていくと、根の上や側面に、センジュイソギンチャクの群生やブラックコーラルの森など他では見られない景観が続く。そして、この海中山脈には、ジンベイザメが泳ぎ来る可能性がある。一度、出現すると数日間は居つくことも多く、出会える可能性がぐんと高くなる。もちろん、絶対というわけではない。しかし、タオ島の海は、時折、本当にハッピーなプレゼント(出会い)を与えてくれる。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

サムイダイビングサービス たおみせ
http://www.samuidiving.net/taomise/

生物を見つける眼力、コンディションの把握など何でも詳しいひろみさん、女性ならではの行き届いたサービスもゲストから支持されている。そして、タイ歴15年目を迎えるマスコッティーこと増子均さん。老若男女に人気があり、水中撮影にも造詣が深い。最近はデジタル一眼無視の目レンズを愛機に、新しいタオの海の表現を発表している。その他にヨーロピアンスタッフも在籍し、国際色豊かなサービスとなっている。

ページトップへ