ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Philippine Mactan / フィリピン、マクタン

マクタンで潜ろうヨ!!

Let's Diving in Mactan!!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
BLUE CORAL
Design
Sana
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
mactan

マクタンで潜ろうヨ!!

フィリピンで日本人ダイバーに最も人気のあるディスティネーションと言えば、セブ・マクタンエリア。 日本から近くて、安くて、短い休みでダイビングを楽しめるのは当然の事ながら、 アフターダイブのナイトライフもセブシティで楽しめる。 そしてこのマクタン島を起点として、ボホール、バリカサグ、セブ、スミロン、アポなどの島を ダイビングしながら巡るダイビングサファリも魅力の一つ。 今回、マクタン島の老舗ダイビングサービス、BLUE CORAL の協力で フィリピンでのダイビングの楽しみ方を紹介。 どこに行くか悩んでいるアナタ!さあ、マクタンで潜うよ!

見どころタップリ!
バンカーボートでマクタン島から日帰りダイビング!

フィリピン・マクタン

「週末を利用して近場で安く、そして1本でも多く潜りに行ける海外の海」の候補として、今、間違いなく日本のダイバーの間で人気ベスト3に入るのが、フィリピンのマクタン島だろう。
今回の取材は、そのマクタン島に本店を構えるダイビングショップ、BLUE CORALのオーナーガイド(大将)hiroさんとともに進められた。自分自身がhiroさんと一緒に潜るのはこれで3回目。最初はちょっと恐い人かなと思ったけど、思いの他優しくて気遣いの人。そして何故だか妙に気が合って(と自分では思っている)、一緒に取材するのがとても楽しみなガイドさんの一人である。

フィリピン・マクタン

マクタン島は、南北に長いセブ島の中央、西側に隣接してある円形の島。国際空港のセブ・マクタン空港がある島で、このエリアでのダイビングサービスも多く軒を並べる、人気のダイビングディスティネーション。フィリピンなだけに物価も安く、日本からも直行便が飛んでいるから、4時間程度で着いてしまう。スケジュールによっては、到着したその日に1本潜ることだって可能だ。
もともと、ビギナー向けの海の印象が強いが、潜ってみるとそれはやはり南国の海外リゾートの海。透明度が高くてサンゴが綺麗な癒し系の海中景観が広がっている。仕事の疲れを癒すには最高の海と空の色。常夏をイメージさせる積乱雲。

フィリピン・マクタン

まずはマクタンから最も近いオランゴ島へ。利用するのはバンカーボートと呼ばれるフィリピン独特のダイビングボート。船本体の両サイドには、竹で作られた巨大なアウトリガーがある。このボートでBULE CORALのあるホワイトサンズリゾートから沖合10分の距離にあるオランゴ島へ移動した。

Special Thanks

specialthanks
BLUE CORAL
http://www.bluecoral.jp/

セブ・マクタンの老舗ダイビングサービス、BLUE CORALは、日系人のサービスとして初めてこの地域でのダイビングサファリを取り入れたり、近隣の島に支店を置いたり、若くてやる気のあるスタッフを採用するなど、ダイバーの様々なニーズに率先して応えてきたサービス。
月刊マリンダイビングの人気投票でもここ数年、海外の人気ダイビングサービスで常に一位を獲得しているサービスでもある。

ページトップへ