ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Philippine Mactan / フィリピン、マクタン

マクタンで潜ろうヨ!!

Let's Diving in Mactan!!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
BLUE CORAL
Design
Sana
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
mactan

Philippine Mactan / フィリピン、マクタン

マクタンで潜ろうヨ!!

Let's Diving in Mactan!!

Photo&Text
越智 隆治
Special Thanks
BLUE CORAL
Design
Sana
HTML WEB MAGAZINEを見る
mactan

フィリピン・マクタン

マクタン島日帰りポイントは 「群れ」&「マクロ」が魅力!

オランゴ島は今回取材した中で、一番マクロが豊富で、面白かったポイントだ。島を囲むリーフでは、カミソリウオ、ニシキフウライウオ、カエルアンコウなどの個体数も多く、被写体に事欠かなかった。もちろん、時期やシーズンによってもその個体数は違ってくるとは思うが、ちょっと撮影したくなる (撮影し易い)マクロ系の生物が堪能できる。

フィリピン・マクタン

リーフトップに沈む沈船周辺には、小振りのギンガメアジが群れていた。密集具合が最高で、時間をかけて撮影したくなる。あまり逃げないので無理して追いかけなくても、ビギナーダイバーでも簡単に撮影可能だ。

この他にも、群れの素晴らしいポイントはある。バンカーボートで20分程度の距離にあるヒルトゥガン島には、ツバメウオとロウニンアジの群れが見られるのだ。

個体数的には、ツバメウオは50〜100匹単位、ロウニンアジも50〜60匹程度の群れだ。ロウニンアジの群れは、他の海でもなかなか目にするのは難しいので、貴重なポイントだろう。

フィリピン・マクタン

ナルスアン島には、ドロップオフのブルーウォーターを見つめるように鎮座する”ナルスアンの女神像”がある。この像を撮影しようと接近すると、ワラワラとオヤビッチャなどの小魚が集まってくる。まあ、これは餌付けの影響なんだけど、その群れと絡めて像を撮影するのは、旅の良い思い出にもなる。

フィリピン・マクタン

これらのマクタンからデイトリップで行けるポイントは、ベテランダイバーからビギナーダイバーまで気軽に楽しめる。安近短でも、十分に楽しめる海が待っている。

Special Thanks

specialthanks
BLUE CORAL
http://www.bluecoral.jp/

セブ・マクタンの老舗ダイビングサービス、BLUE CORALは、日系人のサービスとして初めてこの地域でのダイビングサファリを取り入れたり、近隣の島に支店を置いたり、若くてやる気のあるスタッフを採用するなど、ダイバーの様々なニーズに率先して応えてきたサービス。
月刊マリンダイビングの人気投票でもここ数年、海外の人気ダイビングサービスで常に一位を獲得しているサービスでもある。

ページトップへ