ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Philippines / フィリピン

カメラ女子ダイバーinセブ島・ボホール島

カメラ女子ダイバー、セブ島へ!

Photo&Text
越智 隆治
Model&Photo&Text
齋藤 絵理
Special Thanks
BLUE CORAL
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201311_cebu_photogirl_325_230px

巷では、カメラ、特にミラーレス一眼を持って街や海、山、そして海外に出かけるカメラ女子が増殖中。
そのムーブメントはダイバーの間でも広まっているようだ。

ということで、フィリピンのセブでも、そんなカメラ女子ダイバーに潜りに来てもらおうと、今回の企画を提案。
普段から写真大好きで、実際、陸でも水中でもカメラを持って旅に出かけることの多い、モデルのエリちゃんに、セブの陸と海を、彼女の感性で撮影してもらった。

バリカサグ島の青い海とフォト派ダイバー(撮影:越智隆治)

快晴のバリカサグ。海と空の青、島に沿って連なる雲が写欲をかき立てる

バンカーボートに乗り込んで、ダイビングスタート

セブ島のカメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

カメラを持ってバンカーボートに乗り込み、ダイビングスタート

今回、カメラ派女子のためのナビゲーションとして、モデルのエリちゃんにも陸でも、海中でも、ミラーレス一眼で実際に撮影してもらい、カメラ女子である彼女なりのセブの楽しさをどんどん切り取ってもらうことに。

フィールドとして選んだのは、BLUE CORAL本店のあるマクタンエリア、そして、支店のあるボホールとボルホーン。

そこから足を延ばせるバリカサグ、スミロン、そしてオスロブなどなど、ダイビングしながらの一人旅(実際には一人じゃないけど)を満喫しながら、思い出に残るフォトアルバムを作成してもらった。

セブ島の海(撮影:齋藤絵理)

ベタ凪と真っ青な空。船首に座っていると、この素晴らしい景色を独り占めした気分。とっても気持ちがいい!(撮影:齋藤絵理)

セブ島の海(撮影:齋藤絵理)

セブの海は透明度が高くて、泳いでいてすごい解放感!先までよく見えるから遠くの被写体もすぐに見つけられちゃう♪(撮影:齋藤絵理)

セブ島の海(撮影:齋藤絵理)

マクロを撮るには絶好の被写体☆おめめくりくりで愛くるしい!!(撮影:齋藤絵理)

まずは、ハウスリーフと日帰りポイントで腕試し。

マクタンのBLUE CORALのあるホワイトサンズリゾートに到着し、カメラを持ってまず向かったのがハウスリーフと、日帰りポイントのオランゴ島、ナルスアン島、そしてヒルトゥガン島。

セブ島カメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

基本的な撮影方法やカメラの事は、ボート上でガイドのヒロさんが教えてくれる

ミラーレス一眼をハウジングに入れて、まずは肩ならし。
とは言っても、ハウスリーフには、イワシの大群が見れて、肩ならしの被写体としては、申し分無い。

巨大なイワシの群れは、まるで空を覆い尽くす雲海のように水面下に広がっていて、変幻自在に姿を変えるので、何枚シャッターを切っても飽きない。
エリちゃんも、モデルである事を忘れて、夢中でこの巨大なイワシ玉を撮影し続けていた。

セブ島の魚の群れとカメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

ハウスリーフに群れるイワシの大群も、ワイド撮影の被写体に持ってこい

ナルスアン島では、水中にある女神像と自分撮り、そして、元気なサンゴやニセクロホシスズメダイの群れを撮影。

セブ島のサンゴ(撮影:越智隆治)

こんな素敵なサンゴの撮影ができました

ヒルトゥガン島ではツバメウオの群れやロウニンアジの群れ狙い。と、ワイド撮影に適した、簡単に狙える被写体が目白押し。

セブ島カメラ女子ダイバーとフィッシュアイレンズ(撮影:越智隆治)

今回、水中でのフィッシュアイ撮影にも初チャレンジ

セブ島のツバメウオの群れ(撮影:越智隆治)

ツバメウオの群れみたいに、フィッシュアイでゆっくり撮影できる被写体もあります

オランゴ島では、レンズを変えてマクロ生物狙いのダイビング。
個人的にはマクロでじっくりが好きなエリちゃん、気に入った小さな被写体を見つけると、じっと動かなくなって、撮影に集中。
その集中振りは、プロカメラマンの僕以上でした。

セブ島のギンポ(撮影:越智隆治)

でも、好きなのは、やっぱり可愛いマクロ生物の撮影

セブ島カメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

穏やかなポイントでマクロものんびり撮影できる

ミニサファリでボホール、バリカサグへ
船上での撮影も楽しめる。

今回は、バンカーボートに乗って、ミニサファリ。
BLUE CORALの支店があるボホール、ボルホーンへも足を伸ばしました。
移動日は、天気も良くて、海も穏やか。最高の撮影日和!

セブ島カメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

一眼ミラーレスカメラが旅の友。なんか良い感じ

セブ島のボートとカメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

バンカーボートでのんびりと船旅を楽しみながら被写体を探す

船上でも、被写体を見つけて積極的に撮影を行なうエリちゃん。
ガイドのダイスケ君、ナナカちゃん、そしてヒロさんだけでなく、カメラマンの僕にまでカメラを向けて撮影しまくり。本当に写真撮るのが好きみたい。

セブ島の船上のガイド(撮影:越智隆治)

ガイドのダイスケ君の背中と風景を激写

「何か面白いアイディアは無いですか?」と訪ねられて、自分も今までにしたことが無かった写真撮影方法を考えてみた。

すでに何度も乗船しているバンカーボート。
そこで新たな撮影スタイルを見つけ出すのはちょっと難しかったけど、ガイドのサングラスに注目。
そこに写る海と空、それにエリちゃんやナナカちゃんを撮影してみた。

セブ島のサングラスに映った空と海とダイバー(撮影:越智隆治)

サングラスに映った、自分たちと、空と海。こんな撮影もたまにはいいんじゃない

こんなアングルで撮影するには、皆の協力が必要になるので、事前に打ち合わせしていくのがいいかもしれない。

しかし、べた凪の海での、バンカーボートに乗船しての定番写真は、やはりストレートに撮影する、こんな写真。
周囲を島々に囲まれたセブの海、それにフィリピン特有のバンカーボートだからこそ高確率で狙える1カットだ。

セブ島のベタ凪とカメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

べた凪の海が、またまた写欲をそそる

セブ島のボートでのカメラ女子ダイバー(撮影:越智隆治)

時には、自分がモデルになって、べた凪の海と一緒に撮影

セブ島のベタ凪と船上からのハンドウイルカの群れ(撮影:越智隆治)

突然姿を見せた、ハンドウイルカの群れ。べた凪だと、船上からでもこんなにはっきり撮影できる

ボボールでは、観光地を巡る陸上撮影を満喫。

ボホールでは、ホテルに1泊して、観光地を巡った。

大蛇、パイソンを抱っこできるというXzootic Animal Park、世界最小のメガネザル、ターシャが見れるロボックのターシャコンサベーションエリア。そして、不思議な地形のチョコレートヒル。

ボホールのチョコレートヒル(撮影:越智隆治)

チョコレートヒルは、ボホール島で一番の観光地。一体どうやってできたんだろう?

エリちゃんが一番目を輝かせたのが、大蛇を抱っこできるXzootic Animal Park。

ボホールの動物園Xzootic Animal Park(撮影:越智隆治)

巨大ヘビを間近で見れると聞いて、ワクワク

ここでは、撮影よりも、自分がパイソンと一緒に撮影してもらう事に夢中になっていたエリちゃん。
さすが、普段からワイルダーなエリちゃん、まったく臆する事もなく、真っ先に大蛇パイソンに寄り添い、満面の笑みで記念撮影。
「最高っす!」ってかなり男勝り振りを発揮。

巨大パイソン(蛇)とモデル(撮影:越智隆治)

エリちゃん、まったく気にせず巨大パイソンと記念撮影

ガイドのナナカちゃんとは大学の先輩、後輩ということがわかり、そんな男っぷりの良いエリちゃんに共感。
「私、エリちゃんに、着いて行きます!」と普段はパイソン触らないナナカちゃんなんだけど、このときは、エリちゃんのモデル役として、頑張ってパイソンを抱っこしてました。

巨大パイソン(蛇)とモデル(撮影:越智隆治)

パイソンに襲われてる感じで、記念撮影

ターシャは、小さくてなかなか上手に撮影できる位置にいてくれる子がいなかったのと、暗い場所にいる割には、ストロボ撮影禁止なので、撮影には悪銭苦闘していたけど、「かわいいっすね~」ってまた男っぽい感想を述べるエリちゃん。

ボホールの動物園でのターシャ(撮影:越智隆治)

小さくて、ほとんど寝てるターシャ、さてどう撮影しようかな

ボホールの動物園でのターシャ(撮影:越智隆治)

目覚めたターシャをタイミング良く撮影できました

モデルでポーズ取るだけでなく、自分で撮影もできて楽しいからか、かなり地を出し始めたエリちゃん。
まあ、そういうキャラの方が自分も仕事がし易い。

ターシャのデザインのTシャツ(撮影:越智隆治)

ターシャのデザインのTシャツ

チョコレートヒルでは、何故かホウキに乗って、ジャンプしてトリック写真を撮影する記念撮影が流行っている。
ホウキは使わなかったけど、意気投合したエリちゃんとナナカちゃんでトリック写真を撮影して楽しんでいた。

Special Thanks

cebu_photogirl_cover
BLUE CORAL
http://www.bluecoral.jp/

今回、カメラ女子ダイバーの受け入れを宣言した、BLUECORAL。

オーナーのヒロさんは、ここ数年、カメラやビデオ撮影にハマっている様子。それも、一眼レフだけでなく、コンデジ、ミラーレスと幅広く使用しているので、「いつの間にかカメラの知識が身に付いてしまった」そうで、ちょっとした疑問点や操作方法などは、教えてくれそう。
遠慮せずにどんどん質問してみて下さい。

Information

cebu_photo_20140401
第3回 水中写真家・越智隆治と行くセブ島フォトセミナーツアー開催

2012年11月と2013年5月にも行い、ご好評をいただいた越智隆治によるセブ島フォトセミナーツアー。
第3回を2014年5月23日(金)~27日(火)の日程で行います!

滞在期間中に越智からフォトレッスンが受けられます。「今まで水中写真なんて撮ったことがない」という初心者の方も歓迎。カメラ機材のレンタルもいたします。
このウェブマガジンでもご紹介した、ジンベエザメにほぼ確実に会えると話題沸騰中のオスロブのポイントにも行きます。

このツアーについての詳細、お問い合わせはこちらから!
第3回 水中写真家・越智隆治と行くセブ島フォトセミナーツアー | オーシャナ

ページトップへ