ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Ishigaki / 石垣島

2泊3日で遊びつくす!石垣島

安・近・短・豊×うなりざき!

Photo
中村卓哉
Text
稲生薫子
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき石垣
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201410_ishigaki_325_230px

Ishigaki / 石垣島

2泊3日で遊びつくす!石垣島

安・近・短・豊×うなりざき!

Photo
中村卓哉
Text
稲生薫子
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき石垣
Design
Yoshiko Murata
HTML WEB MAGAZINEを見る
201410_ishigaki_325_230px

選択肢は無限∞

石垣島のコブシメのオスとメス(撮影:中村卓哉)

春の風物詩、コブシメのオスとメス

石垣島のイソマグロ(トカキン)の編隊(撮影:中村卓哉)

イソマグロ(トカキン)の編隊

石垣島のヨスジフエダイの群れ(撮影:中村卓哉)

じゃがいもの根で見たヨスジフエダイの群れ

うなりざきで潜っていて驚いたのは「次のダイビングで何が見たいですか?どんなポイント行きたいですか?」と船上でお客さんに尋ねているところ。

“そんなの普通だ”と思うかもしれないが、よくよく考えてみると普通ではない。
多くの場合が、ここのポイントに行ったら次はここ、もしくはこっちくらいの選択肢だ。

しかし石垣は違う。
もちろん相手は自然なので、マンタを見るなら正午くらい、イソマグロ(沖縄の方言でトカキンともいう)を見るなら朝一など、生物や場所によってある程度合わせないといけない場合や、他のゲストの意見などもあ
るが、私が船上で一番困った質問が贅沢にも「何が見たいですか?」だった。

その証拠にゲストも全員、「え、逆に何が見れるんですか?」と戸惑っていた。
それに対して「地形、マクロ、サンゴ、砂地、言ってもらえればなんでも見せます!」と自信満々のガイド陣。

そんなに自信満々ならばと、ガイドの森さんにどのくらいのポイントをガイディングできるのかと訊ねてみた。
すると、「経験の積み重ねで水中生物の生態環境を把握しているので、この地形・場所にはこんな生物が生息してるな~と分かる能力が身に付いているんです。なので、ポイントマップにある45か所、または、それ以上のポイントはガイドできます!初めて潜るポイントでもガイド出来ますよ!」とやっぱり自信満々。

また、「次、何が見たいですか?何でも見せますよ!」と聞くのは、うなりざき石垣店特有のダイビングスタイルなのだとか。

「地形が好きな方にはショップがオススメの砂地ポイントを潜って頂くよりも、やはり石垣島の地形を見て頂いた方が満足度も上がりますしね!だから全部お客さまのリクエストベースなんです。
石垣店は離島へのアクセスが良いのでポイントがたくさんあり、マクロ生物・砂地・地形・マンタ・サンゴ・大物と“ 何でもこいの環境が至る所にある事 ”が最大の魅力かもしれませんね!何よりもゲストに喜んで頂けることを考えています!熱い情熱が日々のポイント選びに反映されている!と言っても過言ではないでしょう!!」と、これまたとっても熱く語ってくれたのだが、最後には、「……でもこの気持ち、僕だけだったらどーしよー(笑)」とおちゃめな一面も。

制限のない海を自由自在に操り、その日一番の海を見せる姿は頼もしく、彼らと石垣のファンになるのにはそんなに時間はかからないだろう。

石垣島の竜宮の根のイソバナ(撮影:中村卓哉)

竜宮の根のイソバナ。ここまで綺麗に群生しているのは珍しい

卵を育てるクマノミ(撮影:中村卓哉)

ちゅ♡と卵を守るお母さん

石垣島のサンゴとデバススメダイ(撮影:中村卓哉)

大仏の頭みたいな珊瑚(コモンシコロサンゴ)からポイント名「大仏」がついた。群れているのはデバススメダイ

光の中を…

石垣島で忘れてはいけないのがダイナミックな地形、そして差し込む光。
マンタの存在感の大きさで影が薄くなりがちだが、実はとても冒険心をくすぐるような地形ポイントが数多くある。

石垣島のサブマリンの洞窟(撮影:中村卓哉)

サブマリンの洞窟にて

石垣島は珊瑚に囲まれていることから、石灰分が非常に多く含まれており、植物性プランクトンが発生しにくいことから透明度が高いと言われている。

そんな恵まれた環境に存在している地形は、太陽の光が差し込まれることで一段と魅力を深める。

石垣・小浜・黒島間は黄金のマクロトライアングル!

石垣島のクダゴンベ(撮影:中村卓哉)

水深3mのイソバナに暮らすクダゴンベ(パナリ竜宮の根)

石垣島のハナゴイとキンギョハナダイの幼魚(撮影:中村卓哉)

ハナゴイとキンギョハナダイの幼魚(大崎ハナゴイリーフ)

石垣島のハタタテハゼ(撮影:中村卓哉)

ハタタテハゼ(黒島V字Ⅱ)

透明度が良いと魚が少ないと言われるが、石垣島は全くそんなことはない。
むしろ、マクロ生物は豊富で、特に石垣島から小浜島、黒島を結ぶ三角形はマクロの宝庫だとうなりざきでもらったポイントマップを見ていて気付いた。

船の停泊位置によってダイビングポイントは異なるものの、この三角形に入っていれば確実にマクロ三昧の1本が満喫できる。
ぽかんと口を開けた愛らしいイシガキカエルウオ、クビアカハゼにツノガニの仲間。

石垣島のイシガキカエルウオ(撮影:中村卓哉)

イシガキカエルウオ。ぽかんと開いた口が可愛い(大仏)

石垣島のクビアカハゼ(撮影:中村卓哉)

クビアカハゼ(黒島V字Ⅱ)

石垣島のツノガニの仲間(撮影:中村卓哉)

ツノガニの仲間(パナリ竜宮の根)

「yg系(youngの略で幼魚系のこと)はいますか?」とスレートに書けば、付いてこいと言わんばかりの表情で、クマノミ保育園、ツユベラの幼魚、クロメガネスズメダイの幼魚をぽんぽんぽんと紹介するガイドの曾我さん。

石垣島のクマノミ幼稚園(撮影:中村卓哉)

クマノミ幼稚園(大崎ハナゴイリーフ)

石垣島のツユベラの幼魚(撮影:中村卓哉)

ツユベラの幼魚(大崎ハナゴイリーフ)

石垣島のメガネクロスズメダイの幼魚(撮影:中村卓哉)

メガネクロスズメダイの幼魚(大崎ハナゴイリーフ)

「あとは~」と泳ぎ出したので、もういいです!も~大丈夫です!と必死にOKサインを出したほど。
全部紹介したらウェブマガジンが20ページくらいになりそうだったので……(笑)

石垣島のハナゴンベ(撮影:中村卓哉)

ハナゴンベ(黒島V字)

石垣島のネッタイスズメダイ(撮影:中村卓哉)

ネッタイスズメダイ(大仏)

石垣島のチンアナゴ(撮影:中村卓哉)

チンアナゴ(大仏)

うなりざき石垣の森さん(撮影:中村卓哉)

何が見たいんだ〜い?と森さん

Special Thanks

unarizaki-20141029-224px
ダイビングチームうなりざき石垣
http://www.unarizaki.com/ishigaki/

人懐っこい、世話好き、弾けんばかりの笑顔。
この三拍子がそろったのが、ダイビングチームうなりざき石垣店のガイド陣。

水中で何が見られるか、どんな生き物に出会えるかはもちろん重要。

でもやっぱり「もう一度行きたい!」と思うのは、そこで“ 待っていてくれる人はどんな人なのか”だと今回石垣に来て強く感じた。

暑さも笑いのエネルギーに変える彼らと、思いっきり弾けてみては?

ページトップへ