日本国内外で発見される巨大マンボウ!今度はカリフォルニア州に出現!

巨大マンボウイメージ画像


アメリカ・カリフォルニア州のラグナビーチに出現したマンボウが巨大すぎてネットで話題を集めている。

発見したのは、ジャーマンさんと友人のマット・ホイートンさん。

12月2日頃、2人でSUPを楽しんでいたところ、水面にいたマンボウと遭遇したようだ。

Instagramに投稿されたジャーマンさんのコメントでは「メジャーを持っていなかったけれど、マット(ホイートン氏)の乗っているSUPボードは14フィート(約4.2メートル)だったから、このマンボウは確実に9フィート(約2.7メートル)を超えていたはずだ」とある。

巨大マンボウは国内でも発見されている!

そういえば、去年12月27日には西伊豆・大瀬崎にて季節外れのマンボウが出現してネットを騒がせたが、体長は1.5〜2mほどだったようなので、今回の個体の方が若干大きいことになる。

しかし上には上がいるようで、ギネス世界記録に掲載されている個体は、1996年に千葉県鴨川市沖で捕獲されたウシマンボウ体長2.72m。記録は2017年から破られていない状態にある。

記録更新になるかどうかはさておき、今回の個体がギネス級に巨大だったことは確かなようだ。

それにしても、泳ぐわけでもなく漂っているような姿が印象的。一体、水面で何をしているのだろうか……。

調べてみると

この行動は、小型の魚やカモメなどの海鳥に寄生虫を取ってもらうため、深海に潜ることによって冷えた体を暖めるため、あるいは日光浴による殺菌が目的ではないかと考えられている。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

と諸説あるようだが、弱っているわけでは(恐らく)ないらしい。

しかしながら、こうもゆっくりしていては自力でエサを確保できるのかとつい、いらぬ心配をしてしまうが、マンボウを見くびるなかれ。

大阪にある水族館「海遊館」の研究施設「大阪海遊館 海洋研究所以布利(いぶり)センター」で飼育していたマンボウの食事シーンを見てみると……


大阪・海遊館 YouTubeチャンネル

食べるのはやっ!

かなりのスピードで食事しているのがわかる。マンボウ凄し。ダイビングの最中にお目にかかりたいものだが……。皆さんからの目撃情報求ム!

参考:アメリカのオンラインメディア「ハフィントン・ポスト」の日本版

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
海とスキューバダイビングの総合サイト・オーシャナ、つまりこのサイトの編集部です。

いろんなニュースや、オーシャナからのお知らせを発信しています。
FOLLOW