ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Kume / 久米島

久米島ダイビング紀行~命輝く季節・初夏の球美島~

貴重な生態シーンを激写!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
DIVE ESTIVANT
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン久米島

Kume / 久米島

久米島ダイビング紀行~命輝く季節・初夏の球美島~

貴重な生態シーンを激写!

Photo&Text
越智隆治
Special Thanks
DIVE ESTIVANT
Design
Yoshiko Murata
HTML WEB MAGAZINEを見る
ウェブマガジン久米島
ウェブマガジン久米島

スミレナガハナダイのオスとメスが激しく回転しながら、求愛のダンスを行う

求愛行動。カラフルな色彩に彩られる球美の海

久米島は、古来より琉球一美しいと言われ、「球美(くみ)の島」の愛称を持つ。
そんな名前にふさわしく、海中の魚たちもカラフルな色彩に彩られている。

アケボノハゼ、ハナダイ、ピグミーシーホースなどなど、人気のアイドルフィッシュたちの色彩のカラフルさと風貌は、何度見ても飽きることがない。

ウェブマガジン久米島

人気のピグミーシーホース

ウェブマガジン久米島

アケボノハゼ

特にこの時期は、繁殖行動が盛んに行われる時期。
婚姻色に身を包んだオスの魚たちが、あの手この手でメスの気を引く求愛行動はずっと眺めていたくなる。

その中でも代表格と言っていいのが、スミレナガハナダイの求愛行動。
ウーマガイというポイントのドロップオフ、水深30m付近で、スミレナガハナダイたちが、集団で求愛行動を行っているときのオスの激しい動きと婚姻色は必見だ。

ウェブマガジン久米島

オスとメスが集まって、相手を見つけては、求愛行動を行う

ウェブマガジン久米島

フチドリハナダイ

Special Thanks

ウェブマガジン久米島
ダイブ・エスティバン
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dive-estivant/
オーナーガイドの川本剛志さんを筆頭に、海を愛する精鋭ガイドたちが余すところなく、球美の島の海中を案内してくれる。
ゲストに楽しんでもらうために、潮の流れを読む事、生態観察に関して日々精進している彼らの姿勢は、「これぞ、プロガイド集団」と思わせてくれる。
6人のガイドが、53フィートと、久米島一の大型ダイビングボートYOU-GO号と、39フィート、18人乗りのエスティバン1号で対応。
どちらも広々としたトイレと、ドライエリアがあるのが嬉しい。 ビギナーやシニアダイバーのケアから、データをもとにした生態、潮を読んで大物を当てるダイビングなどなど、フォト派やマニアックなリクエストにも対応可能。

Information

川本剛志×越智隆治 撮影プチ裏話

現地からレポート

ページトップへ