ウェブマガジンWEBMAGAZINE

miyako / 宮古島

宮古島 ~South&West side of MIYAKO island~

秘密のベールに包まれた、地形だけじゃない宮古島

Photo
Takuya Nakamura
Text&Model&Edit
Kaoruko Inou
Special Thanks
宮古島ダイビング事業組合、JTA(日本トランスオーシャン航空)
Design
Takako Nakamura
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ウェブマガジン宮古島

サンゴノシマ

竜宮展望台から、来間大橋と海が臨める(撮影:中村卓哉)

竜宮展望台から、来間大橋と海が臨める

宮古島は珊瑚が隆起してできた島。

その歴史にちなんで、2015年1月より使用開始されている伊良部大橋の全長は「3540m」、やはり「サンゴノシマ」が合言葉だ。

最終日には伊良部大橋を含む3本の橋をすべて渡って、宮古島をドライブしたが、なかでも一番楽しみにしていたのは「仲原鍾乳洞」。
この鍾乳洞、辿り着くまでも看板がほとんど出ていなく、半サバイバル状態。

辿り着いてからも、ここなのか・・・?と自信を持てる外観ではなく、不安が募る。
しかしそんな不安もよそに、いざ入ってみるとさっきまで疑っていた自分が恥ずかしくなるほどの壮観さ。

仲原鍾乳洞(撮影:中村卓哉)

仲原鍾乳洞。イベントも催されていることも

水中はもちろん、陸上でも、鍾乳洞や虎穴は好きでよく訪れるが、この鍾乳洞はなかなかなもの。
鍾乳洞の中には個人の持ち込んだ泡盛が無数に保管してあり、保管した人の“ 次回宮古島に訪れる楽しみ” がにじみ出ている。

仲原鍾乳洞(撮影:中村卓哉)

たくさんの泡盛が保管されている。温度が一定の鍾乳洞で保管すると、角が取れてまろやかになるという

同行の中村カメラマンも夢中でシャッターを切っていたのが印象的。
地形派ダイバーもそうでない方も、宮古島の地形を陸でも堪能してみるのもオススメ。

宮古島の気になるアフターダイブをチェック!

■栗間島の可愛いカフェ「ヤッカヤッカ」

「ヤッカヤッカ」(撮影:中村卓哉)

「ヤッカヤッカ」

可愛いスタッフのお姉さんとパチリ(撮影:中村卓哉)

可愛いスタッフのお姉さんとパチリ

■手作りのアクセサリーショップ「DESLIE」

手作りのアクセサリーショップ「DESLIE」(撮影:中村卓哉)

全部オシャレで迷ってしまう

オーナー高島さん(撮影:中村卓哉)

オーナー高島さん

■宮古まもる君とともに、いざ、宮古島警備へ!
宮古まもる君

■soraniwaで女子会ランチ

soraniwaにてランチ(撮影:中村卓哉)

Fish a go goの佐瀬さんと24ノースのキヨさんが「女子がオススメの陸ツアー」に連れて行ってくれた。新しくできた伊良部大橋を渡ったところにあるsoraniwaにてランチ

■RICCOのジェラート

RICCOのジェラート(撮影:中村卓哉)

RICCOのジェラート。DESLIEの前にあるのでセットで楽しみたい

■イチオシのマンゴー・デザート

すくばり農園(撮影:中村卓哉)

すくばり農園の宮古島のマンゴーをふんだんに使用したデザート。絶品で何度でも行きたかった。本当にオススメ

■ランチの時間が待ち遠しい! 宮古島

Fish a go goのランチ(撮影:中村卓哉)

Fish a go goのランチ

宮古島のほとんどのサービスがランチを船上で食べる。
Fish a go go の取材時にご一緒したご夫婦は「毎年2週間くらいお世話になっているけれど、今まで一度もランチが被ったことがないの。ダイビングももちろんだけど、ランチが楽しみで乗船しているのもあるわ(笑)」と話してくれた。

各サービスによってランチの雰囲気も違うので、お気に入りのサービスを見つけてみては♫

06 riku_miyako_038

Special Thanks

JTA(日本トランスオーシャン航空)
http://www.jal.co.jp/jta/
沖縄へのフライトなら!
美ら島物語
http://www.churashima.net/
沖縄を旅する情報満載!
ホテルニュー丸勝
http://www.newmarukatsu.co.jp/
オーシャナ取材班の定宿。宮古島のメインストリート・西里大通りに位置する最高の立地が魅力で、アフターダイビングもホテル周辺を歩いて楽しめる。また、Wi-fiが使えて、腕の良いマッサージと酸素カプセルでダイビングの疲れを癒し、コインランドリー、器材干場があるのもダイバーには嬉しい。
宮古島ダイビング事業組合
http://www.miyako-diving.net/
広大な宮古島の海の楽しみ方は多様。数あるダイビングショップによって、メインで潜るエリアが異なり、地形オンリーから生態マクロを得意とするお店までさまざまだ。その辺のリサーチをしてから潜りに行けば、自分スタイルで宮古島を楽しめるだろう。

ページトップへ