ヘッドラインHEADLINE

【連載】各地のガイドに聞く、今シーズンの海の様子は!? -2020年 現地の海から-(第1回)

各地のガイドに聞く今シーズンの海の様子は! -2020年 現地の海から 【宮古島】編-閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
タグ:
2020年、新型コロナウイルスの影響で移動がしづらい期間が続き、気持ちの上でも例年どおり気軽には海へ行けず「今年はあの海どんな感じかなあ…」と思いふけるダイバーへ。そして新型コロナ収束後にどこの海へ行こうか迷っている方へ向け、現地を潜るダイビングショップに今シーズンの海の様子をインタビュー!

連載第1回目は透明度の高さと地形ポイントのバリエーションの多さで人気の宮古島!ダイビングショップ「アイランドエキスパート宮古島」の池田省吾さんに伺った。

光と地形が美しいこれからの季節は、小さな生物や幼魚も見どころのひとつ!

2020年、最近の海の様子はいかがですか?

池田さん

これからの季節は光が綺麗な時期です。地形に差し込む光のアートをお楽しみいただけると思います。

ツインホール

ツインホール

白鳥ホール

白鳥ホール

クロスホール

クロスホール

池田さん

また、可愛らしい生物や幼魚なども豊富な季節です。沈船ポイントもおすすめですよ。

アカテンイロウミウシ

沈船

光が美しくてうっとり…!どんな方にオススメですか?

池田さん

地形が好きな方や、ウミウシなど小さな生物が好きなマクロ派ダイバーにもおすすめです。

池田さん、ありがとうございました。

宮古島のダイビングに関して、特に光が美しいこの時期は人気の地形ポイントがフォーカスされがちだが、海の生き物で賑やかな様子もご紹介いただいた。読者の皆さんも、梅雨が明けて“夏!”な宮古島の海の光のアートに癒されたのでは…?

宮古島は今年は新型コロナウイルスの影響で入域観光客数が5月は前年の約7%、6月は約19%と減少したが、それでも6月は約21,000人が訪れているという。今回紹介した光や生物の様子は10月ごろまで楽しめ、11月以降も違った魅力があるそうなので、慌てず新型コロナの状況をみながら旅行を検討したい。

協力:アイランドエキスパート宮古島 池田省吾さん

Sponsored by DIVING DREAM ALE プロジェクト

ページトップへ