ウェブマガジンWEBMAGAZINE

iriomote / 西表島

夏の西表島 イソマグロの編隊と伝説のカスミアジを狙え!

密林に覆われた秘境・西表島。石垣島からフェリーで40分。山も海も、手つかずの自然が残された楽園だ。

Photo&Text
越智隆治
Model
稲生薫子
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表店
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
夏の西表島

iriomote / 西表島

夏の西表島 イソマグロの編隊と伝説のカスミアジを狙え!

密林に覆われた秘境・西表島。石垣島からフェリーで40分。山も海も、手つかずの自然が残された楽園だ。

Photo&Text
越智隆治
Model
稲生薫子
Special Thanks
ダイビングチームうなりざき西表店
Design
tomato
HTML WEB MAGAZINEを見る
夏の西表島

マクロの西表島

可愛らしいマンジュウイシモチの幼魚

可愛らしいマンジュウイシモチの幼魚

西表の代表的な魚といえば、カサイダルマハゼ

西表の代表的な魚といえば、カサイダルマハゼ

キョウセンの一種の幼魚と向かい合う可愛らしいインドカエルウオの幼魚

キョウセンの一種の幼魚と向かい合う可愛らしいインドカエルウオの幼魚

セナキルリスズメダイの若魚

セナキルリスズメダイの若魚

ウミウシカクレエビのペア

ウミウシカクレエビのペア

サザエさんみたいなサボテングサ

サザエさんみたいなサボテングサ

ハナゴンベの幼魚

ハナゴンベの幼魚

タツノハトコ

タツノハトコ

西表島はマクロのバリエーションも豊富。

入り組んだ内湾の多い西表島には、流れのない穏やかなマクロポイントも多い。

「Gスポット」のサンゴの根の上に群れるアカネハナゴイの密集度には目を見張る。

流れがないから散漫だけど、それでも綺麗。

これで流れが入ってきたら、どれだけ綺麗に群れるんだろうと想像してしまいたくなる。

ここは、水深10mという浅場から、スミレナガハナダイの姿が見られてしまうことでも有名だ。

ルリホシスズメダイの幼魚

ルリホシスズメダイの幼魚

スカシテンジクダイの群れ

スカシテンジクダイの群れ

シャイなヤシャハゼ

シャイなヤシャハゼ

「美田良浜(みだらはま)」では、小さなイソギンチャクの中に、ところ狭しとミツボシクロスズメダイがぐわっと群れていた。

最初は「トオアカクマノミがいますよ」とだけ言われてマクロ撮影のつもりで潜ってたんだけど、これを見せられたら、やっぱりワイドでしょ!超レアマクロはフィコカリス・シムランスってエビ。

もう、2ミリくらいしかなくて、ただの埃にしか見えない。

よく見つけられるよね。

「網取浅場」では、ハナヤサイサンゴに身を隠すカサイダルマハゼが比較的撮影しやすい場所がある。

黄色と黒のツートンボディが可愛いヒレナガスズメダイの幼魚

黄色と黒のツートンボディが可愛いヒレナガスズメダイの幼魚

ナンヨウハギもよく見かける

ナンヨウハギもよく見かける

卵を守る、カクレクマノミ

卵を守る、カクレクマノミ

オスのアカネハナゴイが密集

オスのアカネハナゴイが密集

ニチリンダテハゼ

ニチリンダテハゼ

個人的に一番好きなのは「T’s エリア」。

西表島にありながら、道路がなくて、船でしかいけない集落の目の前にあるポイントの超浅場には、オイランハゼやギンガハゼがうじゃうじゃ。

それより少し水深を取ると、マンジュウイシモチやインドカエルウオの幼魚など、さまざまな幼魚が身を隠すサンゴの根が点在している。

埃にしか見えないフィコカリスシムランス

埃にしか見えないフィコカリスシムランス

10mから見られるスミレナガハナダイのオス

10mから見られるスミレナガハナダイのオス

サンゴの根が点在し、マクロが楽しい「網取浅場」

サンゴの根が点在し、マクロが楽しい「網取浅場」

Special Thanks

ダイビングチーム うなりざき西表店
http://www.unarizaki.com/iriomote/

「オガン」を攻めることに関しては、断固としたこだわりがあり、年間70日は「オガン」で潜っている。この数字は、西表にあるダイビングサービスでも群を抜く回数だ。西表島でダイビング30年の実績を誇り、3隻の大型ボートと1隻のスピードボートを駆使して、極力ゲストのスキルやリクエストに合わせたグループ編成を可能にしている。器材洗い場やレンタル器材も充実。イルマーレから徒歩1分のクラブハウスでは、ログづけしながら、泡盛、チューハイなどの飲み物も楽しめる。

ページトップへ