ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

ウェブマガジンWEBMAGAZINE

kume / 久米島

ワイドで魅せる久米島 久米島紀行part2

ワイドな視点で見た久米島

Photo&Text
越智隆治
Model
稲生薫子
Special Thanks
DIVE ESTIVANT
Design
tomato
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ワイドで魅せる久米島 久米島紀行part2
トンバラエントリー前に、アンカーを持ち、投げ入れるタイミングを待つ、エスティバンの若手ガイドたち

トンバラエントリー前に、アンカーを持ち、投げ入れるタイミングを待つ、エスティバンの若手ガイドたち

昨年のオーシャナ久米島ロケでは、生き物の生態メインで取材を行った。魚の生態を徹底的に調べ尽くしているのがエスティバンのガイドたちの持ち味でもあるからだ。今年はワイドなシーンメインで久米島の海中の魅力を取材してみることにした。久米島随一の豪快ワイルド系ポイント、トンバラを初め、ワイドな視点で見た久米島。前回の「久米島紀行」生態編と合わせてご覧いただければ、久米島の海の楽しみ方のバリエーションの多さに驚かされるだろう。今年の夏も、久米島でダイビングを満喫してみよう!!

まずは豪快・爽快ポイント、トンバラヘ!

波がぶち当たるトンバ ラの周囲を悠然と泳 ぐイソマグロたち

波がぶち当たるトンバラの周囲を悠然と泳ぐイソマグロたち

トンバラは久米島の最南端に位置するポイント。トンバラとは、飛原と書くのだそうだ。奄美地方では、離れて海上にある岩を「トンバラ」と呼ぶそうで、久米島のトンバラ以外にも同名の岩が存在している。

巨大なミカドウミウシに遭遇。通常はナイトで出会うことが多い

巨大なミカドウミウシに遭遇。通常はナイトで出会うことが多い

久米島のトンバラは、冬にはハンマーヘッドシャークの群れが見れたり、ジンベエザメやタイガーシャークなどが見れることもある大物ポイント。この時期の定番の大物といえば、イソマグロの群れ。多いときには、50匹くらいが群れることもあるという。

トンバラの豪快な 地形に魅了されるトンバラの豪快な 地形に魅了される

トンバラの豪快な地形に魅了される

透視度50mはあるのではと思うような突き抜ける久米島ブルーの海に潜る爽快感。激しく岩に砕ける波を見上げながらのダイビングは、浮遊感も相まって、夏の沖縄を感じさせてくれる豪快なダイビング。

流れに逆らって岩 につかまりながら前進

流れに逆らって岩につかまりながら前進

今回はある意味大物の巨大なミカドウミウシにも遭遇。このカラフルで異常に大きなウミウシもトンバラで遭遇することが多いのだそうだ。

烏帽子のような、ト ンバラの外観

烏帽子のような、トンバラの外観

Special Thanks

shop
ダイブエスティバン
http://www7b.biglobe.ne.jp/~dive-estivant/
エスティバンの人気は、老若男女問わずに楽しめるダイビングをゲストに演出してくれることだ。 久米島一の大型ボート(53フィート)と小型ボート(40フィート)の2隻で6人のスタッフが対応。シャワー・トイレ、お茶やコーヒーなども完備され、船上も快適。

ページトップへ