MARIANAS OCEAN -4人の写真家が魅了されたマリアナ3島の風景-

MARIANAS OCEAN -4人の写真家が魅了されたマリアナ3島の風景-

Saipan Tinian Rota / サイパン・テニアン・ロタ

Photo
Junji Takasago,Kirin Sekito,Takuya Nakamura, Sachi Murai
Text
Satomi Kikuchi, Kaoruko Inou
Edit
Naoko Machida
Special Thanks
マリアナ政府観光局/MVA, Delta Air Lines, North Mariana Diving Operators Association
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
MARIANAS OCEAN -4人の写真家が魅了されたマリアナ3島の風景-

Saipan Tinian Rota / サイパン・テニアン・ロタ

Photo
Junji Takasago,Kirin Sekito,Takuya Nakamura, Sachi Murai
Text
Satomi Kikuchi, Kaoruko Inou
Edit
Naoko Machida
Special Thanks
マリアナ政府観光局/MVA, Delta Air Lines, North Mariana Diving Operators Association
Design
Panari Design
ocean+α BLUE Magを見る

この記事は約4分で読めます。

ROTA × むらいさち
世界一、心を解き放てる場所

ロタといえばやっぱり「ロタホール」。洞窟の穴から光が降り注ぎ、その中を泳ぐ人魚のようだと感じながら夢中で撮影していました。人の位置と明るさの調整に気をつけ、光はもちろん、モデルの美しさも気に入っています。(撮影ポイント=ロタホール/Rota Hole)

ロタといえばやっぱり「ロタホール」。洞窟の穴から光が降り注ぎ、その中を泳ぐ人魚のようだと感じながら夢中で撮影していました。人の位置と明るさの調整に気をつけ、光はもちろん、モデルの美しさも気に入っています。
(撮影ポイント=ロタホール/Rota Hole)

サイパンから小型飛行機に乗って約30分。そこに広がるのは、世界でも有数の透明度を誇るロタの海。良いときには80m以上見えるとも言われ、真っ白な砂地を潜れば空を飛んでいるかのような浮遊感に包まれる。

さらに見逃せないのが、ロタを代表するポイント「ロタホール」。ホールの中に進むと、天井から差し込む強烈な光の柱が現れる。まるで天空から差す神々しい光のように見える風景は、多くのダイバーを魅了してやまない。

そんな美しい海を有するロタと、ふわっとした色合いで撮影するうみカメラマンのむらいさち氏は波長が合うようだ。ターコイズブルーの海、純白の砂、生き物の色を彼ならではの色合いで撮影。

ロタの海の好きなところを尋ねると、「やっぱりその透明度。どこまでも見えるし、ハードなポイントも少ないので、世界一リラックスして潜れる海なのではないかなと。魚を追いかけるのもいいですが、ここでは“ダイビング本来の楽しさ”を味わえると思う」と語った。

暖かく透明な海が、優しくそっと包み込んでくれるような感覚。ロタでは、そんな、ホッとした瞬間を味わうことができるだろう。

とにかく美しかった、どこまでも続くかのような白いビーチと海の青のコントラスト。モデルに入ってもらってアクセントをつけたことと、白飛びしないように気をつけました。海はもちろん、陸も癒されるポイントが満載なので、そちらにも注目を。(撮影場所=テテトビーチ/Teteto Beach)

とにかく美しかった、どこまでも続くかのような白いビーチと海の青のコントラスト。モデルに入ってもらってアクセントをつけたことと、白飛びしないように気をつけました。海はもちろん、陸も癒されるポイントが満載なので、そちらにも注目を。
(撮影場所=テテトビーチ/Teteto Beach)

ラブ♡透明度の良い、青い海だからこそ映える写真。フィッシュウォッチングももちろん楽しいけれど、暖かくてきれいな海での浮遊感を満喫し、また、自分なりのダイビングの遊び方を発見するうれしさなどを伝えたいと思いました。(撮影ポイント=ピナタンリーフ/Pinatang Reef)

ラブ♡透明度の良い、青い海だからこそ映える写真。フィッシュウォッチングももちろん楽しいけれど、暖かくてきれいな海での浮遊感を満喫し、また、自分なりのダイビングの遊び方を発見するうれしさなどを伝えたいと思いました。
(撮影ポイント=ピナタンリーフ/Pinatang Reef)

ロタは、透明度がいい代わりに浮遊物が少ないため、あまり魚がいないともいわれています。そんな中、色鮮やかなヘルフリッチが見られて感動しました! 偶然、美しいベラが来てくれて一緒に撮影できたので、印象深い作品になりました。(撮影ポイント=ハルノンドロップオフ/Harnom Drop off)

ロタは、透明度がいい代わりに浮遊物が少ないため、あまり魚がいないともいわれています。そんな中、色鮮やかなヘルフリッチが見られて感動しました! 偶然、美しいベラが来てくれて一緒に撮影できたので、印象深い作品になりました。
(撮影ポイント=ハルノンドロップオフ/Harnom Drop off)

Sachi Murai
Profile Sachi Murai
日本や世界の海を潜り、独特の優しい感性で瞬間を切り撮り、海だけでなく地球のあらゆる場所で撮影を行っている。広告カメラマンの助手を経てダイビングやリゾート雑誌を発行している出版社に入社。現在は雑誌や広告を中心に、水中やリゾート、旅、カフェなどを撮影、1年の多くを取材先で過ごしている。
FOLLOW