+

ヘッドラインHEADLINE

水中スクーターのホワイトシャークシリーズにパワーアップした新作登場閲覧無制限

世界最小最軽量クラスの水中スクーター、“WHITESHARK MIX”をはじめとした水中スクーターの開発でおなじみの「SUBLUE(サブルー)」社から最新モデルが発表された。国内販売元の株式会社セキドでは現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて販売プロジェクトを開始している。

前作の「WHITESHARK MIX(ホワイトシャークミックス)」の速度・駆動時間はほとんどそのままに、軽量化と小型化を実現した今回の新作「Sublue WhiteShark Tini(サブルー ホワイトシャーク タイニー)」。分解可能でスクーター同士も簡単に接続できるという今作について詳しくみていこう。

軽量かつコンパクトなボディでますます使いやすく

ホワイトシャークタイニーの重さは3kgと軽量

「ホワイトシャーク タイニー」 のバッテリーを含む重量は3kgと、前作と比べると500g軽くなったことで、筋肉が比較的少ない子どもや女性でも、さらに使いやすくなったといえる。500gとはいえ、水遊びをする際の荷物は何かと入用なため、フィン1本分軽くなったのはかなり大きい。

分解したホワイトシャークタイニー

また、本体は写真のように分解できる設計となっており、組み立て時のサイズは355(長さ)×350(幅)×165(高さ)mm。前作(230×465×230mm)と比べるとかなりコンパクトに。

ホワイトシャークタイニーは分解してコンパクトになる仕様

これならパッキング時もかさばらず、持ち運びもノンストレス。保管の場所も取られなくて済みそう。すべての道具や機器にいえることだが、どんなに性能が良くても利便性が悪ければ、意外と使わないもの。「ホワイトシャーク タイニー」であれば、購入後の登場回数も増えそうだ。

1台使いでのんびり水中散歩?それとも2台使いでスピードアップ?

「ホワイトシャーク タイニー」は、前作のように1台から使用できるほか、2台を簡単に接続してパワーアップさせることもできる。

1台で気軽に使えるシングルモーター

1台使いで遊べるシングルモーター

1台で使用する場合は、時速4.0kmでゆっくりと水中の景色や撮影が楽しめるフリースタイルモードと、時速5.0kmでターンやスピンが楽しめるスピードモードをボタンで切り替えて楽しめる。

2台でパワフルなダブルブーストを楽しむ

2台を繋げて使えるパワフルなダブルブースト

2台を接続して使用するダブルブーストの場合は、時速5.8kmのフリースタイルモードと、時速7.2kmのスピードモードが楽しめる。

前作の最大時速(5.4km)と比べると大幅にスピードアップしており、ダイビング時の移動範囲も広がりそう。

今作最大速度である7.2kmは、世界のトップスイマー並の速度に匹敵。掴まるだけで世界のスピードを体感できるのも嬉しい。

「ホワイトシャーク タイニー」が2台セットとなったダブルブーストセットを購入すれば、2台を接続して高速スピードを堪能できるのはもちろんのこと、単品にして家族や友人たちと海で一緒に使うこともできる。アイデア次第でいろいろと楽しめそうだ。

そんな魅力満載の最新スクーター「ホワイトシャーク タイニー」は現在、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」にて販売中!ぜひチェックしてみてほしい。

水中スクーター「WhiteShark Tini」CAMPFIRE プロジェクトページ
 ※ 2021年3月31日(水)の販売プロジェクト終了までは、CAMPFIREプロジェクトページのみでの販売となります。

ページトップへ