ダイビングのギモン、なんでも相談!なんでも答えるQ&A

中性浮力をとって中層にピタッと止まりたいのですが…(後編)

ガイドさんのように中性浮力をとって中層にピタッと止まりたいのですが、“深くゆっくりの呼吸”をした方がいいのですか?

回答・Answer

前編はこちら。

前編では、浮力を安定させるために
安全停止などで中層にピタッと止まろうとするとき、
「深くゆっくりの呼吸をしなくていい」と言った。

では、そもそもCカード講習で、
なぜ「いつも深くゆっくりの呼吸を意識しましょう」と言われるのか?

結論を出す前にダイビングにおける〝呼吸〟の役割を整理する。

まず、呼吸は、簡単に言うと「体のため」と「浮力のため」の2つ目的がある。

体のためというのは、深くゆっくりの呼吸をすることによって肺の換気量を増やし、

ストレスや疲労を軽減する、言いかえればリラックスする役割。

浮力のためというのは、伸縮し続ける肺の浮力を安定させ、
中性浮力をコントロールする役割だ。

「深くゆっくりの呼吸」というのは、基本的には前者のための言葉。
特にCカード講習でうんざりするほど言われるのは、意識付けの意味が大きい。

無駄な動きが多く、ストレスも大きい初心者はどうしても呼吸が乱れがち。
そこで、深くゆっくりの呼吸を意識させてストレスを取り除きリラックスさせるのだ。
また、呼吸を止めたまま浮上し、肺を傷...

記事全文をご覧いただくには、
オーシャナメンバーシップへのご 登録・ログインが必要です。
(ご登録は無料でできます)

クルー(会員)の方は下記のボタンからログインページへお進みください。
クルー(会員)登録がまだお済みでない方は、登録申し込みページにてお手 続きください。

ページトップへ