ヘッドラインHEADLINE

【連載】各地のガイドに聞く、今シーズンの海の様子は!? -2020年 現地の海から-(第4回)

各地のガイドに聞く今シーズンの海の様子は! -2020年 現地の海から 【千葉・沖ノ島】編-閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
2020年、新型コロナウイルスの影響で移動がしづらい期間が続き、気持ちの上でも例年どおり気軽には海へ行けず「今年はあの海どんな感じかなあ…」と思いふけるダイバーへ。そして新型コロナ収束後にどこの海へ行こうか迷っている方へ向け、現地を潜るダイビングショップに今シーズンの海の様子をインタビュー!

今回は千葉県館山市の無人島・沖ノ島を案内する「沖ノ島ダイビングサービスマリンスノー」の岡本正和さんへインタビュー。

プライベートな海でのんびりダイビング!

沖ノ島

2020年、最近の海の様子はいかがですか?

岡本さん

今年は水温が高いため、カラフルで綺麗な魚が例年より多く見られます。

沖ノ島沈船

岡本さん

また、毎年沖ノ島のビーチは海水浴客で混雑するのですが、今年は新型コロナの影響で沖ノ島へ向かう道路が封鎖中のため、プライベートビーチに近い状態となっています。マリンスノーでは島までボートでご案内できるので、人の少ないポイントでゆっくりダイビングを楽しめますよ。

沖ノ島ビーチ

ゆっくりのんびり楽しめそうですね!どんな方へおすすめですか?

岡本さん

このポイントは流れもなく、特に今年は人が少ないため、初心者やブランクダイバーにはおすすめです!
ボートポイントだけでなく、砂浜からエントリーできるビーチポイントもあり、エントリーレベルの講習や体験ダイビング・スノーケリングにも適しています。

コケギンポ

久しぶりのダイビングでも安心ですね!岡本さん、ありがとうございました。

9月下旬まで基本的には封鎖されている沖ノ島だが、マリンスノーでは漁協や行政の協力を得て、ダイビングのサービスを提供している。毎年夏は海水浴客で混雑しているが、空いているこの機会に一度訪れてみてはいかがだろうか。

協力:沖ノ島ダイビングサービスマリンスノー 岡本正和さん

Sponsored by DIVING DREAM ALE プロジェクト

ページトップへ