ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Mexico / メキシコ

プレデター、バショウカジキ見参!

メキシコ・ムヘーレス島の衝撃

Photo
越智 隆治
Text
越智 隆治
Special Thanks
INTO THE BLUE
Design
Sana☆
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
2011_11mexico_sailfish

Mexico / メキシコ

プレデター、バショウカジキ見参!

メキシコ・ムヘーレス島の衝撃

Photo
越智 隆治
Text
越智 隆治
Special Thanks
INTO THE BLUE
Design
Sana☆
HTML WEB MAGAZINEを見る
2011_11mexico_sailfish

メキシコ・ムヘーレス島

“いちかばちか、運を天に任せて”ムヘーレス島へ

 今回のロケで、海に出たのは4日間の短い日程。しかも2月3月はすでにチャーターされていて、予約が取れず、現地に入ったのは、1月5日と、バショウカジキのシーズンとしては、まだ始まったばかりの時期だった。
 
メキシコ・ムヘーレス島

 “いちかばちか、運を天に任せる”。そんな心境で訪れた。飛行機で降り立ったのは、日本人にもメジャーリゾートとして人気の高い、メキシコのカンクン。そこからタクシーでムヘーレス島へ渡るファリーの出る港へ。フェリーは早朝から夜11時頃まで、30分毎に定期的に運行されている。それだけ、利用客が多いということだ。

 日本人には馴染みの無い同島だが、その他の国からの観光客には人気の島らしく、島内には多くの土産物店やレストランが中心の通りに軒を連ねている。メキシコ・ムヘーレス島メキシコらしい、明るい塗装を施した家々。島のメイン交通機関はゴルフカート。何もかもが、陽気で原色系。目を引いたのは、カラフルな色彩のプレートのおみやげと、スカル(頭蓋骨)の陶器。そして、ハンモック。これだけレストランがあれば、食事には事欠かないと思ったのけど、勧められて食べに行ったレストランは、雰囲気は良いのだけど味は“イマイチ”なところが多かったのが残念なところ。 だが、それさえ多少我慢すれば、メキシコにしては安全で、居心地の良い島だった。

メキシコ・ムヘーレス島 宿泊したのは、セールフィッシングのオペレーションを行なっている、アンソニーが経営しているホテル、Playa Le Medialuna。ビーチに面したこじんまりしたリゾートホテルだ。ちょっと部屋が狭いのと、水道水は絶対口に含まない方が良いと言うこと以外は、居心地が良いし、ロビーでWi-Fiがつながるし、アンソニー家族もこのホテルの2階に住んでるので、打ち合わせもしやすい。 船の港があるハーフムーンビーチまで機材を持って行くには、徒歩10分と、ちょっと遠いので、移動手段として、荷台付きのゴルフカートをレンタルした。免許証は特に必要無いらしい。

Information

バショウカジキスイムを開催します。

ocean+αでは以下のスケジュールで、ボートをチャーターしてのバショウカジキスイムを開催します。
チャーターベースの少人数制。募集人数は、1回に4人限定。

●2012年12月29日(土) – 1月5日(土)
●2013年1月3日(木) – 1月10日(木)
●2013年1月9日(水) – 1月16日(水)
●2013年1月14日(月) – 1月21日(月)
●2013年1月20日(日) – 1月27日(日)
●2013年1月25日(金) – 2月1日(金)
●2013年1月30日(水) – 2月8日(金)

基本は、現地集合、現地解散です。
カンクンの空港から、現地ホテルまでは、現地スタッフが対応します。

お申込みやお問合せは、お気軽にお問い合わせフォームからお送りください。

ページトップへ