ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Mexico / メキシコ

プレデター、バショウカジキ見参!

メキシコ・ムヘーレス島の衝撃

Photo
越智 隆治
Text
越智 隆治
Special Thanks
INTO THE BLUE
Design
Sana☆
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
2011_11mexico_sailfish

Mexico / メキシコ

プレデター、バショウカジキ見参!

メキシコ・ムヘーレス島の衝撃

Photo
越智 隆治
Text
越智 隆治
Special Thanks
INTO THE BLUE
Design
Sana☆
HTML WEB MAGAZINEを見る
2011_11mexico_sailfish

メキシコ・ムヘーレス島のバショウカジキ

天国から地獄・・・・・・、そして天国

 大漁旗を掲げて帰還しても良いくらいの成果を上げた翌日。海は大荒れ。「今日は海に出なくてもいいかな」と思うくらいのコンディションだったのに、職人気質のアンソニーは「過去に自分がベストと思ったバショウカジキの群れとの遭遇は、こんな荒れた日だったんだ」。

 そう言って、船を出発させた。しかし、荒れ狂う海の中で、一緒に乗っていた、海の猛者たちも、多少意気消沈して、横になっていなければいけないくらいの状態。いくらバショウカジキ達に遭遇しても、このコンディションで海に入るのは、相当に危険だ。「まるで海猿の海洋訓練みたい」と思うような状況だった。

 しかし、「こんな日が1週間ずっと続く事もザラ」と言う彼の言葉には、相当な重みがあった。しかし、なかなか群れは見つからない。そこで登場したのが沢山の餌や疑似餌のついた、傘場の釣り具。といっても、フックは外してある。これに、イワシを沢山くっつけて、ダミーの群れを作るわけだ。

メキシコ・ムヘーレス島

 しかし、そうは言っても、それでどうするわけ?と訪ねると「ダミーに食いついて、ボートに並走したバショウカジキと一緒に泳ぐんだ。船の真後ろまでダミーを寄せるから、そのタイミングで海に入れ」というのだった。「・・・・」コンディションが良ければともかく、この荒れた状態でそれは相当に危険な行為だと思った。しかし、言われればやらないわけにはいかない。マスクとフィンを装着して、船縁によりかかり、カメラハウジングを片手にもって、いつでもエントリーできる体勢をととのえて待った。しかし、この日バショウカジキには遭遇することは無かった。

 最終日には、コンディションも回復し、何と4時間以上も、バショウカジキたちと泳ぎ続けることができた。    

スペシャルトリップ開催

メキシコ・ムヘーレス島のバショウカジキスイム

ocean+αでは以下のスケジュールで、ボートをチャーターしてのバショウカジキスイムを開催します。
チャーターベースの少人数制。募集人数は、1回に4人限定。

●2012年 12月29日(土)出発 – 1月 5日(土)帰国 8日間
●2013年 1月 3日(木)出発 – 1月10日(木)帰国 8日間
●2013年 1月 9日(水)出発 – 1月16日(水)帰国 8日間
●2013年 1月14日(月)出発 – 1月21日(月)帰国 8日間
●2013年 1月20日(日)出発 – 1月27日(日)帰国 8日間
●2013年 1月25日(金)出発 – 2月 1日(金)帰国 8日間
●2013年 1月30日(水)出発 – 2月 8日(金)帰国 10日間

基本は、現地集合、現地解散です。
カンクンの空港から、現地ホテルまでは、現地スタッフが対応します。

お申込みやお問合せは、お気軽にお問い合わせフォームからお送りください。

Information

バショウカジキスイムを開催します。

ocean+αでは以下のスケジュールで、ボートをチャーターしてのバショウカジキスイムを開催します。
チャーターベースの少人数制。募集人数は、1回に4人限定。

●2012年12月29日(土) – 1月5日(土)
●2013年1月3日(木) – 1月10日(木)
●2013年1月9日(水) – 1月16日(水)
●2013年1月14日(月) – 1月21日(月)
●2013年1月20日(日) – 1月27日(日)
●2013年1月25日(金) – 2月1日(金)
●2013年1月30日(水) – 2月8日(金)

基本は、現地集合、現地解散です。
カンクンの空港から、現地ホテルまでは、現地スタッフが対応します。

お申込みやお問合せは、お気軽にお問い合わせフォームからお送りください。

ページトップへ