ダイビングと海の総合サイト・オーシャナダイビングと海の総合サイト・オーシャナ

ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iwate / 岩手

東北の元気な海を見てください。Part.2 越智隆治・秋模様

サーモンスイムの季節。白鮭の産卵を激写!

Photo
越智 隆治
Text
寺山 英樹
Special Thanks
ダイビングショップRias、モア・プロジェクト・ジャパン
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201212_tohoku_autumn_325_230px

鮭が大接近!興奮の2時間

取材班が訪れた11月はまさに遡上のピーク。
今回、お世話になったダイビングサービスRias(リアス)のくまちゃん(佐藤寛志)は、先述した「三陸ボランティアダイバーズ」の理事長でもあり、川をきれいにした張本人だ。

海水と淡水が混じり合う河口付近から、上流の「みなと橋」までおよそ700mがサーモンスイムの範囲。
早速、土手の上から川をのぞいてみると、上流目指して懸命に泳ぐ無数の鮭の姿が!
しかし、興奮もつかの間、前日の大雨で水かさが増え、流れもややあるようで少し不安に思ったが、水量を必要とするサケの遡上のためには、好条件だという。

綾里川の風景

早速、ドライスーツに着替えて、土手を飛び降り川の中へ。
白鮭を驚かさないように、かなり手前から四つん這いで近づき、最後はほふく前進でさらにアプローチ。
鮭が産卵する、水底がくぼんだ場所の手前にスタンバイしたら、あとはひたすら待ちの姿勢。

ウエイトをたっぷりつけて川に寝そべって撮影。

ウエイトをたっぷりつけて川に寝そべって撮影。じっとしている僕らを見て通行人が「死んでいるかと思ったわ」(笑)

しかし、初日はなかなか思うようにはいかず、産卵は空振り。
それでも、ぶつかるほど大接近する鮭に興奮し、「産め、産め」と夢中になっているうちに、いつしか10度の水温も忘れ、2時間が経っていたのでした。
「一応、45分って決めてあるんですけどね……」とくまちゃんは苦笑いしつつ、続けてひと言。「でも、誰も守らないんですよね(笑)」。

夕暮れの綾里川

Special Thanks

divingservice_rias
ダイビングショップRias
http://kuma130kg.com

三陸ボランティアダイバーズの理事長としても活躍するくまちゃんこと佐藤寛志さんのダイビングショップ。
綾里川のサーモンスイムもナビゲート。

岩手というと遠いイメージがあるが、池袋から出発する夜行バスを利用すると効率的。夜の23時ごろに出発し、ダイビングポイントの「浪板海岸」まで数分に位置する越喜来の停車場には早朝7時30分ごろ到着する。

※サーモンスイムの場合の集合場所や時間は要問合せ。

ページトップへ