ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Iwate / 岩手

東北の元気な海を見てください。Part.1 むらいさち・夏色

ボランティアダイバーや地元の方々、そしてガイドたちの活躍で復活、再生した元気な東北の海をご覧ください。

Photo
むらいさち
Text
寺山 英樹
Special Thanks
ダイビングショップRias、女川町竹浦ダイビング協議会、モア・プロジェクト・ジャパン
Design
PanariDesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201212_tohoku_summer_325_230px

#02 北のめんこい魚たち
宮城 女川町・たげな

女川・竹浦(たげな)の海が
ニューオープン!

東北岩手・女川町たげなの海

ダンゴウオやクチバシカジカといった北のアイドルが火付け役となり、スキー板を乗せた車に交じって、ダイビング器材とカメラを持ったダイバーが通う東北のパイオニア、女川(おながわ)。
津波で瓦礫の海と化し、ダイバーが潜って遊ぶどころではなかったが、ダイバーたちの尽力などもあって、水中の瓦礫を撤去。
さらに、その過程で地元との関係も築かれ、ダイバーを受け入れることが決定!

今まで女川と呼ばれていたポイントとは若干潜る場所が異なり、潜る海は女川の竹浦。
港から5分ほどに位置する「アコ島」と「弁天島」の2つのポイントがあり、共に水深10メートル前後でのんびりまったり、めんこい魚たちを楽しむスタイルだ。

東北岩手・女川町たげなの海

メインポイントの弁天島

北のめんこい魚たちが
ベストシーズン!

東北のめんこい生物代表は何と言っても、クチバシカジカ。
クチバシ(のような吻)と美しいグリーンの目、顔の特徴的な模様、そして、ぜんまい仕掛けのようにちょこちょこ動く姿がなんともキュート。

そんなクチバシカジカを探して壁のくぼみをのぞいていると、こちらも北のスーパーアイドル・フサギンポと、なんと2ショット!
貴重なシーンに遭遇したのでした。

クチバシカジカとフサギンポ

水温が下がるとどんどん活発になる北のめんこい魚たち。
伊豆では貴重なダンゴウオもこちらではわんさかと……。
クチバシカジカは穴の中から活発に出てくるようになり産卵シーズンを迎える。
北のめんこい魚たちが最も輝く季節の到来だ。

壁にへばりついて めんこい魚を探す

壁にへばりついて めんこい魚を探す

星に願いを…

東北岩手・女川町たげなの海

北のめんこい仲間たち

東北岩手・女川町たげなの海(ダンゴウオ)

Special Thanks

divingservice_rias
ダイビングショップRias
http://kuma130kg.com

三陸ボランティアダイバーズの理事長としても活躍するくまちゃんこと佐藤寛志さんのダイビングショップ。
地元・岩手の海はもちろん、宮城・女川の海もナビゲート。
130kgの体躯に似合わない繊細なガイドが好評で、写真も玄人はだし。

岩手というと遠いイメージがあるが、池袋から出発する夜行バスを利用すると効率的。夜の23時ごろに出発し、ダイビングポイントの「波板海岸」まで数分に位置する越喜来の停車場には早朝7時30分ごろ到着する。
がれき撤去のお手伝いで潜るもよし、ベストシーズンの岩手を潜るもよし!ぜひ、足を運んでみてほしい。

女川町竹浦ダイビング協議会

ベストシーズンを迎える女川・竹浦で、めんこい魚たちに会いたい!そんなときは、この夏できた「女川町竹浦ダイビング協議会」に加盟している4店のいずれかにお申込み。どのお店も女川には店舗がないので、店舗に集合してからお店の車で女川へ行くか現地集合となる。

宮城ダイビングサービスHigh bridge
ダイビングショップRias
チームバックロール
ダイビングステージ アリエル

ページトップへ