ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

マクロ限定!? パラオ1,400の魚達に会いたい。

マンタやサメだけでない、未記載種や和名の無い種など、楽園パラオの美しい魚たちに迫る!

Photo&Text
峯水 亮
Special Thanks
DayDream Palau
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Palau / パラオ

マクロ限定!? パラオ1,400の魚達に会いたい。

マンタやサメだけでない、未記載種や和名の無い種など、楽園パラオの美しい魚たちに迫る!

Photo&Text
峯水 亮
Special Thanks
DayDream Palau
Design
Yoshiko Murata
HTML WEB MAGAZINEを見る

ドロップオフで楽しむ。パステル&カラフル

ブルーコーナー、シアスコーナー、ビックドロップオフなど、パラオのアウターリーフのほとんどはこのドロップオフが占めていると言ってもいい。
垂直の崖はいつも深い青で満たされていて、彩るようにカスミチョウチョウウオが乱舞している。
サメや回遊魚などもドロップオフの常連客だ。
しかし、中でも最も鮮やかな存在は無数に群れるハナダイ達だ。

パラオのビックドロップオフ(撮影:峯水亮)

ビックドロップオフのようなドロップ環境はハナダイの宝庫だ

赤やピンクのパステルカラーは、どんなに深くてもその青に負けずカラフルで、パラオでは浅場からアカネハナゴイやソメワケミナミハナダイ、日本の海には存在しないバートレットアンティアスなどの群れがいて、水深15mくらいまで降りると、今度はオオテンハナゴイやフチドリハナダイ、スミレナガハナダイ、ハナゴンベなどが続いている。
簡単には行けないが、コウリンハナダイ狙いで潜ったゲドブスの深場では、今回プセウドアンティアス・エンゲルハードイの雌に運よく出会うことができた。

鮮やかなカラーリングが目を引くオオテンハナゴイ

鮮やかなカラーリングが目を引くオオテンハナゴイ

小さな個体ほどかわいらしさが出るハナゴンベの幼魚

小さな個体ほどかわいらしさが出るハナゴンベの幼魚

コウリンハナダイを撮りに行っての副産物、プセウドアンティアス・エンゲルハードイの雌

コウリンハナダイを撮りに行っての副産物、プセウドアンティアス・エンゲルハードイの雌

パラオのドロップオフでは定番の一つ、フチドリハナダイ

パラオのドロップオフでは定番の一つ、フチドリハナダイ

マクロだけのはずが……偶然のマンタ

ジャーマンのベラ団地で、周囲の環境を紹介するつもりで持って入ったワイドだったが、「近くにマンタがいるよ~」とガイドの祥子さんが呼びに来た。
つられて向かってみた先には4匹のマンタが中層を連なって泳いでる!
口をあけながら何度も同じ場所を旋廻する捕食中のマンタだ。
こちらを特に気にする様子も無い。

真上を通り過ぎるマンタ。捕食中だから全然ダイバーを気にしない

真上を通り過ぎるマンタ。捕食中だから全然ダイバーを気にしない

周りにはタカサゴやホオスジタルミなども群れていて、一緒になってプランクトンを食べている。
一時たりとも同じシーンは無く、刻一刻と変化する光景に、いつのまにか夢中になってしまった。

頭上を見上げるとマンタが口をあけながら舞っていた

頭上を見上げるとマンタが口をあけながら舞っていた

結局、浮上ギリギリまで捕食のマンタを堪能したのだった。
今回の企画ではワイドは封印だったはずだが……(遠藤さんスミマセン!)持って入って良かった。
やはり、パラオは大物も凄いと感じる時間だった。

俯瞰のマンタは背中の模様が見えて綺麗だ

俯瞰のマンタは背中の模様が見えて綺麗だ

Special Thanks

デイドリームパラオ
http://www.daydream.to/palau/

「おはようございま~す」と朝一番からテンション高く声をかけて気分を盛り上げてくれる、デイドリームパラオのスタッフのその心遣いがうれしい。

ゲストに合わせてベテランから若手まで、すべて日本人ガイドでチーム構成されるのはデイドリームならでは。そして、それを補うように気の利いたパラオ人スタッフが私たちのダイビングをフォローしてくれる。

毎日、帰り際のVIP待遇のお見送りは逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧だが、決して悪い気はしない。
使ってみて初めて感じる、パラオ随一の居心地の良いダイビングサービスだ。

ページトップへ