ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

マクロ限定!? パラオ1,400の魚達に会いたい。

マンタやサメだけでない、未記載種や和名の無い種など、楽園パラオの美しい魚たちに迫る!

Photo&Text
峯水 亮
Special Thanks
DayDream Palau
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201302_palau_1400macro_325_230px

パラオには1,400種もの魚たちが暮らしているという。
この数字がいかに桁違いかは、総面積で比較すると825倍もの大きさがあり、亜寒帯から亜熱帯の気候を持つ日本の魚種が約4,000種ということから容易に想像がつくことだろう。

マンタやサメだけでない、パラオの様々な魚達を、デイドリームパラオにて案内してもらった。
未記載種やミクロネシア固有で和名の無いものなど、楽園パラオの美しい魚たちに迫る。

パラオのシコンハタタテハゼ(撮影:峯水亮)

あのシコンハタタテハゼが、なんと水深20m台でも見られる

大物や群れだけでは無い、パラオ1,400種に迫る

パラオといえば緑の帽子を被ったようなロックアイランド、白い砂浜が輝くビーチ、塩水湖に無数のクラゲが暮らすジェリーフィッシュレイク、透明度が高くマンタなどの大物ワイドの魅力溢れる場所だ。
しかし、デイドリームパラオの遠藤氏によれば、パラオの魅力はそれだけでは無いという。
「実はパラオには1,400種もの魚たちがいるんですよ。で、それを是非オーシャナで紹介したいんです!」
私「今回、大物ワイドは全く無しですか?」
遠藤さん「ワイドはつなぎ程度ならOKですよ」
ということから今回のマクロ限定!?リサーチは始まった。

パラオ(撮影:峯水亮)

パラオの総面積は日本の群馬県高崎市とほぼ同じ458㎢ほどだ。
その中に魚が1,400種いるという事実がどれほど凄いことなのかは、日本と比べてみると容易に想像がついた。

しかし、エビカニやその他の海洋生物まで含めれば、いったいどれだけいるのだろうか?と勝手に妄想を膨らませながら、まずは地形で有名なブルーホールやシアストンネルなどの洞窟を探ることになった。

アオマスクの幼魚(撮影:峯水亮)

尾ビレの先の黄色い模様が特徴。アオマスクの幼魚

パラオのマンジュウイシモチ(撮影:峯水亮)

背景が抜けていて撮りやすいガルメアウスビーチのマンジュウイシモチ

ヒカリイシモチ属の一種(撮影:峯水亮)

サンゴの中に生息していたヒカリイシモチ属の一種、Jebb's siphon fish(Siphamia jebbi)

パラオのスレッドフィンドティーバック(撮影:峯水亮)

ビックドロップオフでは動きがかわいいスレッドフィンドティーバックに会った

パーリシグナルフィッシュ(撮影:峯水亮)

ちょっと深いですが、うじゃうじゃいるパーリシグナルフィッシュ

Special Thanks

daydream_20130220
デイドリームパラオ
http://www.daydream.to/palau/

「おはようございま~す」と朝一番からテンション高く声をかけて気分を盛り上げてくれる、デイドリームパラオのスタッフのその心遣いがうれしい。

ゲストに合わせてベテランから若手まで、すべて日本人ガイドでチーム構成されるのはデイドリームならでは。そして、それを補うように気の利いたパラオ人スタッフが私たちのダイビングをフォローしてくれる。

毎日、帰り際のVIP待遇のお見送りは逆にこちらが恐縮してしまうほど丁寧だが、決して悪い気はしない。
使ってみて初めて感じる、パラオ随一の居心地の良いダイビングサービスだ。

ページトップへ