ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Thai / タイ

親子でダイビングを楽しんじゃおう!タイ、カオラック

タイのカオラックで親子でダイビングを楽しんじゃおう!

Photo&Text
越智隆治
Model
Kaito Ochi , Umi Kikuchi and family
Special Thanks
edive
Design
Yoshiko Murata
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
家族で行くタイ・カオラックウェブマガジン

Thai / タイ

親子でダイビングを楽しんじゃおう!タイ、カオラック

タイのカオラックで親子でダイビングを楽しんじゃおう!

Photo&Text
越智隆治
Model
Kaito Ochi , Umi Kikuchi and family
Special Thanks
edive
Design
Yoshiko Murata
HTML WEB MAGAZINEを見る
家族で行くタイ・カオラックウェブマガジン

絶景の湖、カオソック

カオソック国立公園は、カオラックから内陸部に車で約1時間程のところにある、ラチャパパダムによってできた、人工湖のチェオラン湖を覆う景勝地。
中国の景林に似た景観の山並みが美しく、トレッキングのメッカにもなっている。

山々が連なる、カオソックの美しくも不思議な景観

山々が連なる、カオソックの美しくも不思議な景観

国立公園としては東南アジアで2番目の規模。
10月~1月の乾期には、ラフレシアという世界一巨大な花が咲く事でも知られている。
それに、トラも棲息しているとか・・・(笑)。

湖に着くと車から降りて、荷物を持って、桟橋へ。
船は、タイの伝統的なロングテールというスタイル。
不安定なのがちょっと恐いけど、この風景にとてもマッチしている。

中国の景林に似た風景の前で記念撮影

中国の景林に似た風景の前で記念撮影

ここで僕たちが2泊3日で滞在した水上コテージはまだ新しく清潔だった。
湖水に扇状にコテージが並び、一番端の大きな棟は、レセプションとレストランになっている。
この水上コテージは、巨大なポンツーンの上にコテージを設置している。

水上コテージには、全ての部屋にカヤックが常備

水上コテージには、全ての部屋にカヤックが常備

子どもたちと一緒に遊べるのは、カヤックやコテージ前での水遊び。
鍾乳洞ツアーとかもあるけど、炎天下の中で小さな子どもたちを連ていくよりは、水遊びしていた方が楽しそうだった。

こんな不思議な景色の中を進んで行く

こんな不思議な景色の中を進んで行く

本格的なエレファントライドに、竹の筏での川下り

急な山道を登る。最初はちょっと緊張気味の二人

急な山道を登る。最初はちょっと緊張気味の二人

車で15分ほどプーケット方面に移動した場所では、本格的なエレファントライドが楽しめる。
象使いの指示の下、山道をのっし、のっしと歩き回ること、約40分。
急な坂道では、象が転げ落ちてしまわないかとハラハラするような場面も。

慣れてくると、笑顔が出て来た

慣れてくると、笑顔が出て来た

これだけ充実したエレファントライドができるところはなかなか無いそうだ。
まあ、「長過ぎる」と思う人もいるかもしれないけど。

トレッキング後には、象たちに餌をあげることもできる

トレッキング後には、象たちに餌をあげることもできる

そして、そこから、さらに車で10分ほど走ったところには、竹を何本もくくりつけただけの、まさに筏でのリバーライド(川下り)が楽しめる。
こちらも行程は約40分ほど。

筏での川下りスタート

筏での川下りスタート

川幅の狭い中、細長い筏を一本の竹を使って器用に障害物を避けながら下って行く。

でも、子どもたちのように小さければいいのだけど、欧米人のように大きくて、しかもぽっちゃり系の人が何人か乗ってしまうと、思いっきり浸水してたり、川底の浅いエリアで、動かなくなってしまったりと言うハプニングが続出で、それを見ているのも面白い。
乗ってる方は恥ずかしそうにしてるけどね。

こんなので大丈夫?と思ってしまうくらいの作り

こんなので大丈夫?と思ってしまうくらいの作り

Special Thanks

edive
http://www.edivekhaolak.com/

カオラックにある日本人ダイビングサービスとしては、今や老舗と言ってもいいedive。
魚に詳しいオーナーガイドたち。
マクロの魚たちを写真を使って色々ブリーフィングしてくれる。

Information

thai_cruise_20130819
ファミリークルーズ開催予定日程
2013年12月25日(水)~28日(土)
2014年4月1日(火)~4日(金)
お問い合せは、ediveまで。

ページトップへ