マッシュパーク女川、海洋生物をイメージした“遊べるアート”の公園がオープン

宮城県女川町に、海へ行かなくとも海を感じられる公園「マッシュパーク女川」が2021年8月19日、新たに誕生した。海洋生物たちがイメージされたアートを感じる彩り豊かな遊具が特徴のこの公園は、「子どもたちに最高の笑顔を届けたい」という想いから、スナイデル(SNIDEL)やジェラートピケ(gelato pique)などを展開するマッシュグループが建設。被災地復興支援プロジェクト「MASH PARK PROJECT(マッシュパークプロジェクト)」やマッシュグループの展開ブランドEC企画でのチャリティキャンペーンにおける寄付金を2016年から集い、今回の「マッシュパーク女川」の寄贈が実現した。

海の生き物をイメージしたユニークな遊具が魅力!

海の生き物をイメージしたユニークな遊具は、和紙、竹、石を用い、僅かな空気の流れを捉える繊細な作品の動きが注目されている彫刻家・髙田洋一氏がデザイン。アートな遊具は、子どもたちの好奇心をくすぐるような設計になっており、遊び方はそれぞれ。子どもたちがどのようにこの遊具を活用しするのかにも注目だ。

うみうしくん

メインの遊具である「うみうしくん」。大きなすべり台やトンネルなどを備えており、どのように遊ぶからは子どもたち次第。

ちんあなごくん

地面から自由に飛び出す「ちんあなごくん」。子どもたちは一体どうやって遊ぶのか楽しみだ。

さんごちゃん

赤と緑の骨格が目を引く体長7.4メートルの「さんごちゃん」もすべり台を備えたアートな遊具。いずれも柔らかいゴム素材でコーティングされているのも嬉しいポイント。

ひとでくん


星型にくり抜かれたトップを見上げることで、まるで万華鏡のような美しい景色を楽しめる鏡面仕上げの「ひとでくん」。トップは星型になっており、陽の光の移ろいとともに地面に写る星型の影が移動し、子どもたちの感性をくすぐる。

マッシュパーク詳細

開園日:2021年8月19日(木)
住所:宮城県牡鹿郡女川町海岸通り2番地
公式HP:https://www.mash-holdings.com/mashparkproject/mp_onagawa.html

アクセス

お問い合わせ

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
静岡県西伊豆町出身。

ドルフィントレーナー専門学校を卒業後、ダイビングインストラクターや操舵手といった海に関わる職歴を持つ。

現在は、ライターとして「地球に暮らす全ての生き物がHAPPYな未来を」と願い、記事を書く。
FOLLOW